■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
優しいフリして減らず口
今日病院へ到着したらちょうどリハビリだった。関節を柔らかく保つためのマッサージのあと、端座位をとってくれた。いつもは車椅子なんだけど、こうやって端座位もやってくれていたんだと、とても嬉しかった。僕がいけない時にも、こうやって端座位をとれるチャンスがあるのだ!これは凄い!まさに人生のチャンスが広がることに繋がっている。

リハビリ担当者は、約一年でシフトチェンジがあるようで、彼女は2月までで、3月からは別の方になるようだ。定着化は、安心感があるけど、流動化はまた別の刺激にもつながるから、きっと色々な意味でシフトを考えているのだろう。しかし、安心してお願い出来ていたので、ちとさみしかったりもする。

人生は無常であるから面白いのだ。同じところに留まる事は誰もできない。目には見えぬが刻々と変化することこそ人生そのものだろう。

明後日は僕らの28回目の結婚記念日だ。結婚式の前日の夜中までレコーディングをして、そのあと朝5時まで飲んだくれてから、式場にいったっけなぁ。式場にいったら、化粧の人がへたなのか?着物のときのお化粧の決まりがあるのか?とにかくお化粧がこくて、目の前の妻を発見できずにビックリしたっけなぁ。僕はてっきり美人になると思っていたのに、おブスちゃんになっていたから、面白くてからかったら、不機嫌な顔してたなぁ。お色直ししたら、いつもの顔になっていて安心したな(笑)あとから妻に聞いたら、お色直しのときお化粧は、全部自分でやるからと、手を出さないでもらったと言ってたな(笑)、、そんな話をリハビリ担当者と話しながらも、ブスだなんてーと、笑ってくれた。いつもの仏頂面できっと妻は、まったく何でそんな事を人に話したゃうの?もー、って言っていたと思う。まーいい、悔しければはやくレッツチャットを使って見せろと言ってやる。

こんなこと言っていると、使える日がきたら、かなりやられてしまうかもしれないから、こんな文章は妻には内緒です。妻の前では優しいふりをしておこう。

おっとトリック劇場版、終わっていた。しっかり2時間、お目々パッチリのビデオタイムでした。おしまい。
スポンサーサイト


未分類 | 20:10:35 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
絶対反撃するぞー!
悔しー!絶対反撃してやる~~!奥様はそう思っているに決まっている!!!
しかし、何とグッドタイミングなことに、嫌なことで細胞を刺激すると、ストレスで酸化して「STAP細胞」という万能細胞へ変化し、若返りも夢ではないということが発表されたではありませんか!
こういうちょっとした嫌な刺激を旦那さんからもらって、その刺激で奥さんの全身細胞が若返っている!ということにしますか~~~\(^o^)/
2014-01-31 金 20:45:42 | URL | かずちゃん [編集]
そうです!あの30才のお嬢さんにあやかって、それを狙いました!
こういうのを「減らず口」と申します(笑)
2014-01-31 金 21:04:52 | URL | T.Nishijima [編集]
えー。このブログは、絶対、本に、なって、出版して欲しいです。
私は、本にして、出版を希望します。
どんなにか、同じ病気、そうでない病気の人も、大きな希望になるかわからないからです。
私は、西嶋さんの、文で、初めて、かっこちゃんの、リハビリのハードさを、知ったのです。
メルマガだけだと、あのかっこちゃんの、ふわふわした感じしか、イメージできなかったので、大丈夫!と、ニコニコして、普通に、リハビリして、回復への、道に、つながると、こう、思ってたのです。
清美さんが、回復されたら、全てお読みになると思います。
2014-02-01 土 07:58:09 | URL | ルーちゃんママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。