■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秘密兵器
母から拝借した帯

3月24日に白雪姫プロジェクトの山元さんの講演を聞き、早速「身体をしっかり起こして座る事」をはじめてみることにした。車椅子にのせてから、身体をなるべく立たせ、背もたれから背中を解放してあげようとすると、これが難しい、身体を起こしながら、首を支えなくてはならないので、こちらの体勢がうまくいかない。簡単だと思っていたことが、出来るには出来るが、こちらの体勢が続かないのだ。

それで考えたのがこのアイデア。母の着物の帯を拝借し、妻の背中をまわして、ぼくの腰に結ぶ。長さを調整して、腰を引くと車椅子が手前にズレそうになるが、それを足のスネでストップさせながら妻の背中を立たせて座らせる。それで右手で頭を支えて、左手で撮影した写真がこの写真。帯にバランスをとって腕をのせてみた。妻も気持ち良さそうで、背中が解放される感覚というのがよいのがわかる。しっかり座らせると、帯のテンションを緩めても、頭を支えるだけで座っていられる。この体勢だと、首の運動もしやすい事がわかった。

「さぁ、首を動かしてみよう!動かせる方向へ動かしてみて!」と話しかけると、かすかに頷きの運動を始めた。1、2、3、4・・・連続して、動かしている。これはスゴイ。スゴイスゴイ!と声をかける。それから、帯のテンションを計算しながら、身体を左右に、グラーングラーンと傾けてみる。様々な方向へ動かしてみながら、30分。ハードなリハビリスタートとなったが、妻はがんばってくれた。そして、前向きな気持ちも伝わってくる。

30分のハードな特訓が終わったら、今度はリハビリの効果を話しながら、お花見。さすがに疲れたのか、背もたれを少し斜めに寝かせたときには目を閉じてしまった。「この満開の桜もこれから散り始めるから、今年は見納めだよ。」と耳のそばで声をかけると、桜をしばらく見つめていた。そのあとは、ベッドにもどってマッサージだ。山元さんは宮プーの関節を毎日100回づつ動かすらしい。凄すぎる。今日は50回づつで許しておこう。100回は僕が保たない(笑)

最後の仕上げに足うらのマッサージをしていたときに、ちょっとくすぐってみたら、ビクビクビクと足を動かす。びっくりして、何度かやってみる。やはり動く!確かに反射なのだろうけど、動くのだ。妻の目を見ながら「ねぇ、足のうらくすぐったいの?」と話しかけると、「うん」というように、まばたきをする。というこは、感覚があるということではないのか?不思議だなぁ。これからが楽しみだ。しかし、この母親から拝借した着物の帯、大変役立つ。これは、マジックテープなどで長さ調整をしやすくすれば、介護用品として商品になるのではないか?などと考え、自分でいいアイデアだと思うが、ほめてくれる人がいないので、妻にコミュニケーションがとれるようになったら、まず最初にこの帯のことを褒めてほしいと依頼しておいた。いいアイデアだと思うのだが・・・どうなんだろう?


スポンサーサイト
未分類 | 22:50:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しい人生
妻が倒れてから3年が経った。人生は想像もつかないようなこともある。
僕の人生の予定はすべて計算が狂ってしまった。
しかし、この3年間を考えてみると、そのすべてが最悪だけな人生ではない。
人間は生きていれば、悲しみも苦しみもあるけど、必ず喜びもあるものなのですね。
詳しく書くと、それだけで大量な文字が必要になるので、割愛しますが、
妻が倒れたことがきっかけで、長男が結婚することになった。
そうして、昨年、初孫と対面できあた。
今年になり次男の就職が決まった。介護用品のレンタルの会社である。
きっと、面接で、会社の志望動機を聞かれたのだろう。たしかに必然性がある。
次男が就職できたのもたぶん、妻のおかげだろう。

人生には、色々な時期がある。
人生は永遠だと感じていた若き日々。
眠る事も惜しみながら働くのが面白かったドタバタな時期。
妻と出会い、結婚してから、夫、父としての時期。
1999年、妻の大きな乳癌がわかり、命について考え始めた時期。
2010年妻が脳幹出血で倒れてからの人生。と、色々な時期があるものだ。
これから僕らが死ぬまでに、何が出来るだろうか?と考えてみるが、
考えすぎても始まらない。目の前の妻の回復へ進むことにしようと思う。

そんなときに、白雪姫プロジェクトと出会った。
面白い事に、出会いのタイミングはいつもちょうど良い時にやってくる。
これからは回復を奇跡と考えず、やる事をやれば回復することを知ったので、
そう考えて、リハビリをフォローしていける。

いままでは毎日に余裕がなく、振返ることが出来なかったが、
ここらへんで、この3年間を振返ってみたいと思い出していた。
白雪姫プロジェクトのかっこちゃんからの勧めもあり、背中をおしてもらい
このブログを書いてみようと思いました。
そうして、これからが、また新しい人生の一歩になる予感がしています。

このブログ「夢の雫」は、僕が妻へプレゼントした曲のタイトルです。
毎日、涙をふきながら駅までの道を歩いていた時、
この涙は回復(夢)へ向かう為の雫なのだと感じた。
https://www.youtube.com/watch?v=LkroQujetQk これがその曲です。
曲が出来た経緯や、この3年の中での感じた、社会の仕組みの困ったこと等など。
色々ありすぎて、うまくまとめられるか心配ですが、今日から少しづつ書き始めてみます。

未分類 | 10:53:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。