■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
独り言

僕は、妻の足をマッサージしながら、リハビリを眺めていた。

「安全」と「挑戦」、とても両立が難しい、この両者の言葉。しかし、「安全」を意識しながら「挑戦」をしたいのだ。その挑戦する範囲、レベルというものを決定するのが医学の常識というものだろう。でもその常識は本当か?

http://sandgem.blogspot.jp/2013/04/blog-post_26.html?m=1

常に常識は変化する。それは、当たり前と思っていた思い込みが医学の世界にだってある。地球がまるいと言って殺された歴史だってあるのだ。それは大袈裟でしょう。はい、言いすぎました。

問題は、その常識を検討し始めると、システムが崩れるところにあるのではないか。そうなると、多くの患者さんを助けるための、今、回っているシフト、経済、考え方だと足りない問題が出てくる。上手く行っているのに、ワザワザ問題を持ち込まれるのは何処だって迷惑だ。誰だって家族のルールがあるのに、よその人が急に別のルールを持ち込んできて、家にズカズカ上がりこまれたら、それは困るし嫌に決まっている。

しかーし、例外はあってもいいじゃない?どうですか?そんな、かたく考えずに、家族と相談の上の例外。国家の安全を守る時のための特別措置法とかってありますよね。そんな大げさなことじゃなくて、いいんですが、、、

だから、僕は、背中を直角に座らせたいんです。少し斜めの方が、喉の背面に唾液が行くので、誤嚥しにくいのは、そうなのでしょうが、背中は出来れば、本音はもっと立たせてリハビリしてもいいと思っているんです。出来れば立位の練習も。その上、うつぶせもなんですが、全部でなくても良いんです。

と、僕の頭の中のブツブツを拾い上げてみると、こんな言葉が集まった。

頭の中は騒がしい。

スポンサーサイト
未分類 | 16:57:34 | トラックバック(0) | コメント(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。