■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「しあわせ」の基準


考えてみたことがありますか?
3年間誰とも会話せず、自分の中だけで考え続けてきたことがあるのですが、それは一生誰にも伝えることが出来ないと思っていました。ところが2013年5月1日18時、一生不可能だとあきらめていたその言葉を引き出す人が目の前に表れたのです。「はじめまして、柴田といいます」とニコニコしながら話をはじめて、あいうえおのPCパネルを見せながら、機能の説明をします。すごい興味があったのでしょう。妻の目は横目になりながらも、PCのディスプレイ画面をしっかりと捉えています。脳幹出血の患者は、目の上下は出来ますが、横には普通動きません。あんな目を見たのは初めてでした。これは凄いことの起こる前兆かもしれないと思いました。

なんだか凄い事を起こすような人には思えない、とても温厚な柴田先生は、妻の昔からの友達が久しぶりに遊びに来たとでもいうような感じで、普通、妻のような障害者と会うのは、気を遣うものでしょうが全く緊張感がないというか(笑)そんな、スムーズな二人の出会いでした。僕は、妻の昔の友人が遊びにきたところに立ち会ってこんな現場を目撃しちゃったという、そんな気持ちになりました。この不思議な光景を見ながら、夢見心地で文章を書きはじめてみました。目の前に展開された事実が凄すぎて、自分の感情を加えると、意味不明の文章になるので、ここは単純に目撃したことをなるべくフラットに伝えるように、書いてみようと思います。

写真のコメントから、すべては始まりました。
柴田先生は、妻の右手をにぎりながら、PCにつながるスイッチを操作していきます。妻の微妙な筋肉の動きを察知し、あかさたなスキャンで、一文字づつ言葉を綴り始めました。ひらがながどんどん一文字づつ打たれていきます。一文字づつの音が言葉になり、ぼくの涙へと変換されていきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
信じられませんが本当なのですね。残念ながら一人では何も出来なくなったけど、すべて理解できていたので、これで伝えられましたね。小さい住まいですが、ここが今の私の「平和」な住まいです。ここには最高の「しあわせ」があります。私はとてもしあわせ者です。何ももう望むものはありませんが、なんとかして感謝の気持ちを伝えたかったので嬉しいです。小さい「しあわせ」かもしれませんが、世界中の誰よりもしあわせです。塵も積もれば山となると言いますが、人間の「しあわせ」って、そういう毎日の繰り返しなのだと言う事を、つくづく実感しています。そう悪い生活ではありませんよ。なに不自由なく、そんなに気持ちも沈みませんよ。あなたの方が心配でしたよ。私よりも。でもこれでほっとしたわ。なかなか言えなかった事だったから、言えてだいぶ楽になりました。守本さんもありがとうございます。わざわざ筆談の練習に来て下さって。できそうな気がしていますから、少しやりませんか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一文字づつ打たれていくひらがなを読みながら、中盤からは全員(僕、優さん夫妻、柴田先生)4人とも涙をボロボロ流しながら、先生は涙をふきふき、スイッチを押して行きました。僕はこんなに美しい文字をみたことがありません。そしてこんなに美しい心の持ち主と結婚出来たことを心から感謝しました。今読み直しても、もうボロボロです。

この後、筆談へ移ります。
これは、写真にとって来ていないので、うろ覚えですが、、、、
「先生みたいにやさしい人って、世の中にいるんですね」
「不思議です」・・・これは、文字がかける事が不思議という意味なのかな?
筆談といっても、これはかなり経験をつまなければなりませんが、人間は文字を書く動物ですから、
書こうと思った時に、筋肉が反応して、それを先生が感じて、文字にして行くのですが、これは、練習すれば、<誰にでも>出来る可能性があるようです。
他にも、たくさん、書きましたが、あと覚えているのは「奇跡」という言葉です。
この「奇跡」は、妻にとっての「奇跡」です。自分の「言葉」を外に伝えてくれる人がいきなり表れたこと、つまり柴田先生との出会いが妻にとっての「奇跡」だったのだろうと思います。
※筆談文字はすべてひらがなです。

このあと、柴田先生が特別なやり方で、妻の言葉を読み取り始めた。
妻は柴田先生のやり方がなぜそんなにスムーズに自分の中の言葉が読めるのか?を不思議に思い、
質問しはじめました。
妻:「何故、わかるのですか?」
先生:「これは、最初は一文字一文字、あかさたなスキャンで読み取っていったのが、長い時間を使って進化して行って、このスピードまで来ちゃったのだけど、これはその積み重ねで出来るようになったので、説明することが難しいですね」
妻:「先生のこのやり方はまるでテレパシーみたいだから、あまりやらない方がいいかもしれない」
一同爆笑
先生:「そうですね、僕もそう思う事がよくあります」
そんなやりとりの中、僕はどうしても、息子たちへのメッセージが欲しくなった。
僕:「清美、息子たちへ伝えたいことあるでしょう?まず基輝に言って。」
妻:「もとき(長男)に一番言いたい事は、良くみんなの言う事を聞いて、みんなから色々教わりなさいということですが、もう子供ではないから、色々親が言うのは良くないかもしれないけれど、私の気持ちは昔から同じですから、また言っていると思うかもしれないけど、やはりそれがずっと気になっているので、よろしくお願いします。以上です。」
僕:「了解、で、悠生には?」
妻:「ゆうきには、笑い話になるかもしれないけれど、あなたのとても良いところは、あなたしか分かっていないと言うことなので、あなたが一番自分が素敵だと思う所をのばすのが一番と私は思っていますが、私にもよくわからないけど、あなたは何となく、それが分かっているような気がするので、ぜひ自分の信じた道を行くのが一番だと思うので、どうぞ頑張って下さい。私にはそれが何なのか良く分からないけれど、どうもあなたには分かっているような気がするから、ぜひ頑張って下さいね。以上です。」

その後、テストをしようと、息子たちの誕生日を質問したら、混乱していた。
妻:「やはり頭の中は実はけっこうクリアーではなくて、自分の気持ちはスラスラ言えるけど、質問されたことは答えにくいですね。特に数字はやはり、昔とちがって頭の中でグルグル回り始めるので、やはり脳のダメージが大きかったからでしょうか?それは、先生はどう思いますか?」
先生:「僕もよくはわからないんだけど、思い出すときの脳の操作と、気持ちを伝える脳の動きはまったく違うそうなみたいなんで、今のやり方では、気持ちを伝えるのにはスムーズですが、記憶を引っ張り出すには難しいということがあるようです。」
妻:「良くわかりました。記憶の引き出しの中は、ちゃんとしているということですか?」
先生:「それはちゃんとしているけど、引き出しがちょっとあけにくくなっているというだけですよ」
妻:「そうでしたね。」

僕:「清美、基輝の嫁には何か言っておくことある?」
妻:「私はお嫁さんには、感謝以外なにもないので、よく良い嫁を見つけたものだと思っています。しかし、息子の嫁をつとめるのは大変なので、いつも感謝していますが、私はこんな身体になったので、本当に素直にそういう思いが湧いてくるようになりました。が、昔はやはり嫁、姑の関係もどうしても気持ちの上では引きずるところがあったけれど、今は本当に素直に感謝が言えるようになったので、実はこういう身体になって良かったことの一つが、人への感謝を素直に言えるようになったことです。先生はさっき子供たちにそういう気持ちを引き出してもらったと言ったのは、それは私にもよく分かりました。病気が私の心の中の良い所を引き出したので、私は病気に実は少しだけ感謝していますが、そういう話まで今日は出来るとは思わなかったので嬉しいです。嫁に対する感謝の気持ちもとても強いものが出て来たので、私はそういう母親になれたことをとても感謝しています。なかなか「母親」になるのは難しいなという気がいつもしていたけれど、病気になってからの方が「母親」としての気持ちは“きちん”として来たなと思うので、母親としては、成長出来たかなと思っています。以上ですが、まさか、こんな事まで言えるとは思わなかったので、少し照れくさいというのが本当のところです。あの息子たちが、また笑うなと思うと恥ずかしいけれど、お嫁さんには素直に伝えてもらいたいと思います。息子たちは、きっと何かふざけていると言うと思うけど、私の本当の気持ちをお嫁さんには伝えて欲しいと思います。」

妻:「先生は、私を見てもショックをあまり感じないみたいなのですが、そんなにショックではないのですか?」
先生:「そうですね。ショックが全く感じないというと嘘になるけど、それ以上に、話ができちゃう」
妻:「そうですか、先生はもともとウキウキした人なんですか?だからその性格がすぐに出てくるというか、みんな私の前で笑ったら悪いみたいに思っているので、申し訳ない気がしてしまうけど、先生と話しているとウキウキしてくるので、申し訳ない感じが生まれないのでいいですね。さっきの反対ですね。」
先生:「そうなんですよね!」
妻:「先生は、人に申し訳なさを感じさせない人だということになりますが、それも経験して見つけたことでしょうか?」
先生:「小ちゃい頃からそうでしたので(笑)」
妻:「先生は小さい頃から、面白かったのですか?」
先生:「面白かったです(笑)」
妻:「そうですか。みんなきっと同じ時代に、それぞれ色々な感性を持って生きていたのでしょうが、またこうして、こんな年齢になって会えるなんて面白いですね。それぞれ、全く違う人生を生きて来たのに、私の病気がその人生を「交差」させるなんて、とても面白いので、また誰かが歌にしてくれないかしら?私の前で人々の人生が交錯するなんていう歌詞を誰かいい歌にしてくれるといいなと思うので、歌詞を自分で考えてみたいと思うので、またぜひ来て下さい。そのときは私が詩を作っておくつもりですので、その詩を聞き取ってもらえたら嬉しいです。その詩を誰かに歌にしてもらってまた私に聴かせてくれると、私はとても幸せになれるので。あんなに幸せな時は本当になかったですね。あの歌を聴いた時。私にとっては病気にならなければ、味わえなかった幸せだったので、あの歌はいつまでも忘れられない歌ですし、みなさんもあの歌をきっかけに私のことをわかって下さるようなので、本当に感謝しています。先生も聴きましたか?」
僕:「どの歌だろう?どの歌のことだろう?」
※妻へは3曲作っている。因幡晃さんに歌っていただいた「ベッドサイド」白井貴子さんに歌っていただいた「夢の雫」次男に歌ってもらった「僕たちのルール」しかし、他の人がこれで妻を知るきっかけになっていると言う意味では、「ベッドサイド」もしくは「夢の雫」のどちらか、もしくは両方だろう。妻がそれを理解してくれていたことが、とても嬉しかった。
先生:「聴きましたよ」・・・※先生は、白井貴子の「夢の雫」をYouTubeで見ていた。
先生:「見た事がある人が歌ってるんだけど、って家内も・・・白井貴子じゃない?って言ってましたよ。(笑)」
妻:「そうですか、先生の奥さんも楽しそうな人なんですか?」
先生:「どっちかって言ったら(笑)
妻:「先生の家は楽しそうな夫婦なんですね。主人もそう言う所がありましたが、先生ほどウキウキはそこまではないような気がしますが。みんなで大笑いするような話が出来たらいいですね。私もだいぶ笑いがこみ上げて来ているのですが分かりますか?」
先生:「はい。口元が(笑)」
妻:「これが私の笑顔ですが、守本さんはすぐにわかってくれてすごいなと思いました。みんな私の口がちょっと引きつっているとしか思わないけど、これが私の笑顔ですから、みなさんによろしくと言っておいてね。笑顔もけっこう頻繁に出ていますので、ぜひ笑顔も見つけてください。みんなが笑顔探しをしてくれると嬉しいので、今度、私のお見舞いに来る人には、<今日はいくつ笑顔がありましたか?>と聞いてもらえると嬉しいですね。早く私も昔のかんじの、冗談が言えるようになれれば嬉しいですね。昔は私も楽しい感覚の人なので、その部分が昔のままだとわかってもらえると嬉しいですね。あなたはどう見てますか?」
僕:「(驚き、、、)ぜんぜん、、、笑顔なんて、あったなんて事自体、初めて知りました」
優さん:「えー、さっき笑っていたのに(笑)」
妻:「先生たちは、専門的な人たちなので、私に顔をみても、笑顔があることに何の疑いもないけれど、あなたは、お医者さんの言葉に煩わせれて、見るものが全部フィルターに掛けられてしまっているので、本当に申し訳ないけど、私が普通のままだってことがわかれば、私が笑ったり泣いたりしているのがわかると思うので、普通に見ればそう見えるのではないでしょうか?先生は専門家なのでしょうが、守本さんは専門家ではないので、そう言う目で見れば当たり前に見えるのではないでしょうか?別にあなたの事を責めているわけではなくて、お医者さんの説明のフィルターにすっかり捉えられてしまっているということを言いたいだけ。そのフィルターはどうも、間違ったフィルターのようなので。あまり大きな声では言えないし、お医者さんにはとても感謝しているし、とてもいい人たちばかりなのですが、いまの医学の常識のフィルターということなのでしょうね。先生はそういうフィルターを壊す仕事をしているのですね。私たちにとってはそういうフィルターをかけられてしまって、もう何もわからないと言われ続けてきたので、とてもありがたいです。ぜひ多くの人のために、そのフィルターを壊してもらいたいと思いますので、よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。私のような所にまですぐに飛んで来て下さって、、普通はもっと時間がかかると思っていたのですが、すぐに飛んで来てくださってありがとうございました。先生は、飄々としているから、忙しそうな顔ひとつしていないけれど、本当は忙しいのでしょうけれど、私たちにとっては先生のような人が必要なので、ぜひまたよろしくお願いします。うちの人はとても涙もろいし、とてもやさしいので、私はとても幸せなのですが、そんな事は元気な時には、口が裂けても言えなかったけれど、やっと素直に言えるようになったので、本当に病気はたくさんのものを私にくれましたね。でも、とてもいい夫婦だったので別にそんな事わざわざ言う必要がなかったということですか。わざわざ言う必要がないことでも、わざわざ言うと、また違った味わいがありますね。私たちの夫婦のことをみんなとても羨ましがっていますが、たしかにみんな羨ましいと思うでしょうね。まさか、こんな身体になっても夫婦のままでいられるなんて、信じられないといえば、信じられない事ですね。もともと、夫婦なんて他人の関係だったものが、たまたまくっついただけなのに、一旦くっつくとこんなことがあっても離れないなんて、本当に人間は不思議だなと思いますが、先生の夫婦もきっと、どっちかが倒れたら、実感できると思うので、そういうのも悪くないわよと言っておきたいと思います。」
〜一同爆笑〜
優さん:「ほらほら笑ってる。清美さん笑っている。」・・・僕にはわからないのですが・・・
妻:「先生か奥さん、どっちかが倒れたら、きっとどっちかがそれまで言えなかったことを、一生懸命言うと思うし、先生の奥さんと先生は、こんな風にして話せるので、どっちかが倒れてもまったくコミュニケーションには困らないでしょうから、きっと病気がそう言う事を素直に言わせると思うので楽しみですね。」
先生:「はい、楽しみです(笑)」
妻:「先生は、こういう冗談まで言わせる不思議な人ですが、冗談として聞かれなかったら、なんとひどい女だろうと思われますが、これは本当に軽い冗談ですが、この病気の不思議さを伝えたかったからです。本当に病気というのはやっかいなものですが、それだけではないところが、病気の不思議なところですね。病気が失わせたものと、病気が与えてくれたものとは、計れないけれど、間違いなく与えたものはたくさんあって、それが人を、より幸せにするということが、心の底からわかったので、私はこの病気に本当に感謝もしていますが、、、周りにいる夫はたまったものではないと思うけれど、、、私にとっては、この病気が与えたものについて、あまりにも長い間、一人で考え抜いて来たので、こうして話せるとは思わなかったのですが、こういう話は、きっと「人間とは何か?」ということを考える時の、とても大切ことだろうと思うので、ぜひ先生もどこかで、そういう私たちの経験を話していただけたらと思いますが、きっとそういう話をして下さる人もいらっしゃるのでしょうね?先生の顔を見ていたら、今の話の時はとても納得して頷いているようだったので、他の人も言っているのでしょうね?」
先生:「みんな、言葉は違うけど、やっぱり、そのような事をおっしゃいますね。」
優さん:「すごいでも清美さん。すごでねー、清美さん。今日は何度も清美さんの笑顔を見ましたよ!」
僕:「3年分の言葉ですもんね・・・どうもありがとうございました。」

録音はここで、終わりです。
この後、少し話し合いがあり、また新事実が登場します(笑)
柴田先生のやり方は、100年ほどかかりそうだから、筆談だということは誰でも簡単に理解します。それについて、妻は、優さんに来てほしいとリクエストがありました。
あー、僕じゃダメなんだ・・・って思いました(笑)
実は僕はもう何度かトライしています。しかし、きっと「あー、こいつダメだな」と、既にダメ出しがあったわけです。でも妻はやる気はあるわけです。僕が車椅子にのせても、目を閉じているけど(笑)、、、優さんに、やってほしい、それで、そのテクニックをちゃんと僕に伝えてほしい。僕のサポートをお願いします・・・ということでした。うれしいような、かっこわるいような(笑)しかし、全てひっくるめて「しあわせ」の一日でした。柴田先生、ありがとう!

スポンサーサイト
未分類 | 04:00:30 | トラックバック(1) | コメント(9)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。