■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
一緒に聴こうね!
今日はマクドナルドが混んでいて、アイスコーヒーはやめた。バスを降りて病院への道のりにある自販機は100円だ。病院より20円安い。ここで買おう!アセロラはまだ買ったことないな。酸っぱいかなぁ?でも、アセロラにしてみよう!

今日は渋谷までライブを見に行くので、早めに病院についたが、この時間は食後のお休み。大切なお昼寝の時間だ。ジルボルトテイラーさんの奇跡の脳を読み、益々、大切だと確認!

そう、確かに僕らは目があいて欲しいし、そのために、「おーい」などと大きな声を出す。これは、たぶん、ダメダメな行為だ。きっと耳元でやられると「ウルサイよ」と言いたくても言えないのだ。言えないのだから、そいつは嫌いになる。たぶん。

僕はジルの本で勉強したから、そんなヤボなことはしない。足のマッサージや、手足の爪のカットなどをしながら、女王さまのお目覚めを待つ。これはこれで、幸せな時間だ。かつて、中国や日本の歴史の中の、人にひたすら心から尽くす文化を、どうもDNAに持っているのだなと思いながら、それはこんな感じなのかな?などと思いながら、爪を切りながら時間を過ごす。

日本は藩主や天皇には心から尽くし、それを仁とか義とか言っていたのかな?いやいや、女性の扱いに対しては、こんなに手厚いのはきっとオフィシャルには日本にはない。きっと女性に対しては欧米ではないか?・・・などと、回答の出ない、いや、でなくても良い問題を考えながら、結果幸せな時間を過ごす。

妻が気持ち良ければ、それでいーのだ。
そーだ。それで、いーのだ。

・・・で、タイトルは何だ?と、今、気がつく。そーだ、このタイトルは、、、これは、端座位をとって毎日15-20分やるのだが、柴田先生公認コメントの「つまらない」と妻に言われてから、努力しているのだと言うことを書こうと思ったのだ。

音楽は両耳から、バランスよく聴くのが良いんです!絶対にそう思います。だから、ずぅーっと、そうして来ました。でもね、この欠点は、僕が大変につまらないと言うことです。

そう、、、物凄く、とっても、絶対に、信じられない位に、つまーらなーい、、、、のです。すごいんです。つまらなくて。

なので、今日はポリシーを曲げて、あの忌まわしい電車の中の、若くて音楽なんて2の次の聴いてもいないような、あの恋人どうしのような、いつも僕は心の中で「おい、ヘッドホンやイアホンは、そりゃ、一人で両耳でやるもんだよ。」と心でつぶやいていたわけですが、、、でも、僕たちの周りには、寝たきりの声が出ないお年寄りが3人だけだし、エイ、ヤー!っと、恥ずかしながら、イアホンを一つづつ耳にいれて、ユーミンを聴きました。

はい、あと15分ね!
「朝日の中で、微笑んでー」・・・いやぁ、素晴らしい曲だね。意味深だけど、とてもいい。「宇宙の片隅で、めぐり逢えた喜びは、うたかたでも身をやつすの、朝日の中で抱きしめて、形のない愛を包み込んで」あー、これやばいな。涙じわー。これじゃ、気持ちよくなるよな。僕はジーン。

きっと他人から見るとかなり変。
妻はウットリ、目を白くする。そーだよなー、でも、これ自分で聴くとわかるけど、聴いていなけりゃわからないからね。

「知ってる?すっごいんだよ。信じられない位につまらないんだよ。」と言ってみたけど空しかった。

今日のまとめ
ヤッパリ、どんなに恥ずかしくても、イアホンは一つづつ、君と僕で、同じ音楽を聴くのがイイね!そうすれば、例えば「中央フリーウェイ」なら、トントカドン、ツカツカドン〜〜、と君の背中を太鼓にすることもできる。

※「朝日の中で微笑んで」「中央フリーウェイ」「天気雨」「避暑地の出来事」「グッドラック&グッドバイ」トータル20分

※そういえば、アセロラドリンクは酸っぱそうな顔して、ちゃんと飲み込んだ。へんな顔だった。

スポンサーサイト
未分類 | 00:44:05 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。