■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
不純異性妄想
おでこを触ったら熱っぽい。でも目はパッチリと僕を見ている。でも、口はうごかない。なんだか、意味のありそうな目で僕を見ている。手をにぎりながら「今日はどうする?」と聞いてみる。なんかわからないけど、どうも一方的に妻には伝わっているような気がする。

熱を計ると37.1℃だった。まぁまぁ、大した事はない。これなら端座位をとれるだろう。まずはセブンのアイス珈琲だ。ミルクいれる?<パチリ>、シロップ入れる?<・・・>、でもなんかNOには感じない。もう一度訊いてみよう。ミルク入れる?<パチリ>シロップ入れる?<パチリ>ほらね。やっぱりそうだよね。この珈琲は、味がはっきりとしていて、ちょっと苦みが強いから、シロップ入れたいんだね。これになってから、両方入れるふうになったんだね。<ウン、というように、首を少し動かしながら、ゴクンとつばを飲み込む>・・・あぁ、飲みたいんだな。この病院にきて、2年間は口に何も入れられなかったけど、この刺激はありがたい。やっぱり口を、たった2滴、3滴であっても、使うか?使わないか?は、ゼロか1かの差がある。ゼロはいくら足しても、いくら掛けても、ゼロはゼロにしかならない。1までくれば、次は2までは行かなくても、1.05くらになったりする。たまには0.5に下がるときもあるけど、決してゼロには戻らない。そう思う。

ぼくは、この珈琲を口に入れた時に、妻が口を動かすのをみるのがとても好きだ。だって、動くんだから、大したものなのだ。ちょっと前までは、どこも動かなかったのだが、今は、珈琲を飲む前に「ゴックン」と唾液をだして、嚥下して、それで珈琲を数滴味わうわけだ。これは、すごいことだと思う。本当に嬉しい。

それから、今日はちょっと微熱の中、端座位を20分。新しいこと、という意味で、ちょっと不思議なユーミンの曲を聴かせた。yanokamiのアルバム「遠くは近い」に収録されている「瞳を閉じて
である。なんだか、不思議の国に迷い込んでしまったような感覚になる、このアプローチはびっくりするだろう。才能と才能のぶつかり合い、いや、解け合いってこんな感じなんだろうな。すごいなぁ。そこに言葉があるし、リズムもコード感もあるけど、どうも手を入れても、その音はつかめそうもない。そこにあると、思って手をのばしても、すっと蜃気楼のように、消えてしまったり、でもそこに映像は見えている、なんか実態があるのやら、ないのやら、浮いているような、でもよく知っている楽曲、その中に、矢野さんが弾いていると思われるリアルなピアノ。あー不思議。あー不思議。こんな感じを、目を閉じながら、どんな感じで、聴いているのかな?どんな感じ??

しばらくして、いったんベッドに横にもどした。なんか、へんてこりんな感覚の音楽を聴いたせいではないと思うけど、目をとじて開かなくなっちゃった。あれー?面白い世界なので、迷い込んで出てこれなくなっちゃったのかもなぁ。ちょとリアルに、高橋真梨子さんでも、聴いてもらうと横になって目を閉じている妻に、音楽を聴かせながら、熱は計り直すと37.2℃になっていた。微熱おばさんだね、などと声をかけながら、手足の爪を切ったりしていた。

高橋さんの声に、普通の感覚にもどったのか、気がつけば目があいていた。「清美、今日は車椅子はのらないで、この前の檀ミツの番組でも見よう。だって、この前は途中までだったろ?」そう、僕はもうちゃんと気をつけて、手なんかは握らない。大丈夫だ。DVDをセットして、最初から見始めると、お目々はぱっちり、なんかこのくだらないトーク、とても刺激的みたいだ。たぶん、檀ミツが出て来たのは、妻が倒れたずいぶん後の話だから、知らない顔だろう。でも、あのへんあ感じをすぐ嗅ぎ取って、面白がっているようだ。僕は、画面を見ないようにして、足下にまわり、足のマッサージをすることにした。これなら、大丈夫だ。

けっこう面白がっているようだ。これで、笑顔を見ることが出来る日がきたら、ぼくは気が狂うほど嬉しいだろうな。スジなし、だって、だんくぼ、だって、SMAPだっていいさ。気を狂わしてほしいものである。

スポンサーサイト
未分類 | 17:18:41 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。