■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アンバランスな集合体
今日はケーマートのコーヒー。ここのカップを受け取った時に氷がはみ出すくらいに入っていて、これはもしやと思った。予想通り、暖かいコーヒーでアイスコーヒーを作るってわけだ。単価の中で独自性をとどの店も考えるわけですが、その努力はすごいな。100円ですよ。びっくりします。すごすぎます。最近の弁当も、飲み屋さんの飲み放題も、安いのはありがたいけど、ちょっと凄すぎる。僕はアベノミクスより、自分たちのこれからの生活の形をどうしていくのか?をもっと考えたほうがいいように思う。人口減少の中で、経済成長だけをうたうのは、どうもピンとこない。

そんな話しをしながら「シロップは?」<パチリ> 「ミルクも?」<パチリ>としたので、両方を入れて、飲ませようとしたら「そんな話し全然つまらない」というように、目を閉じちゃった。あーそうですか。でもね、明日は選挙でね、大切なんだよ。こんな日はきっと熱があるに違いないと計ってみると37.2℃。ほらね、僕の話しがつまらないんじゃないだ、熱があるんだ。と思いながら「コーヒー飲んだ後、端座位やりますか?」<パチリ>うーん。積極的でよろしい。

コーヒーあと端座位を35分。今日のBGMはピンク・マルティーニ&由紀さおり、これとてもいい。Evening Moon(夕月)からはじまって、パフなんかもあったり、ブルーライトヨコハマ、そして夜明けのスキャットと、面白い。情緒がある演奏だけど、とっても一人一人の楽器のアプローチに意思があり、キッパリした演奏で気持ちいい。それにしても名曲ぞろいはやっぱりいいものだ。曲がよくて、演奏がよくて、歌がいい。ようするにいい(笑)

こんな曲を聴きながら、35分、熱を少しさまそうと扇子で風を送り続けた。僕の予想では0.2℃くらいはすぐ下がる。できれば36度台にいければと、扇ぎ続けた。結果としては37℃ジャスト。まぁ、まぁ、よろしい。今日は熱もあるので、端座位では目をつぶって音楽を聴いていた。たまに口を動かす練習をしたりしていた。おつかれと、ベッドに戻し、テレビタイム。

「イッテQ」〜女芸人軍団が行く 天国&地獄ツアーinタイ〜
もちろん目はパッチリとあいた!どれだけバラエティ好きなんだよ(笑)
この迷いのない目。清々しいほどに一途な眼差し。その先には森三中と鬼奴。~マニアックな方は録画の準備をどうぞ~・・・とかテロップが入ったあと、タイの海辺で脂肪たっぷりの腹をゆすらせながら踊っている女性軍団の絵。我が国は平和である。戦争とは無縁だ。しかし、これが本当の平和だろうか?憲法改正についてはもっと真剣にみな考えたほうがいい。でも、妻は楽しめているようだから、今日のところは平和で楽しいということにしておこう。でも、本当はこのバラエティに隠れて見えて来ない困ったこともたくさんあるのにな。切り捨てられていることがたくさんあるのにな。

そう言えば、これはとても興味深く読ませてもらった。無断転載は禁止なので、興味のあるかたは読んでみてほしい。でも今日の18時までで見れなくなるようだ。
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/009355/ 宮崎駿さんたちの憲法についての考えだ。ぼくらは集団的にある方向へ流れ出すと、それを止める力がない。一人だけで声を大きくだせないのだ。周りのムードに引っ張られる。後から聞いてみると、いや、僕も実はちがうと思っていた・・・なんてことは、よくある話しだ。

僕らはいつも矛盾の中で暮らしている。バラエティだけだと、それを気にしないようなことになるのではないかと不安になる。政治やドキュメンタリーだけじゃ味気ない。笑いはあったほうがいいと思う。やっぱり大切なのはバランスだと思う。そのバランスを僕らは考えていかなくてはならない。明日はちゃんと選挙に行こう。

スポンサーサイト
未分類 | 15:54:51 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。