■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
テレビの時間は自習時間
今日はあまり調子良さそうな顔をしていない。熱があるわけでもなく、低体温でもない。なんだろうな、毎日、本当に色々なことがあるのだろう。どんな事情があるのやら、皆目わからないが、とにかく大変だと思う。でも、それはそれとして、妻にあと30分あるから端座位やる?と訊くとやると合図のまばたきがあった。きっと、食後にたたき起こされて端座位をとるよりましだと判断したのかもしれない(笑)そんなわけで夕食の前に端座位をとった。

僕に首をグリグリされて、背中やら、肩やらをゴリゴリ、グリグリやられるから、たぶん疲れるのだろう。しかし、日に日に首の力は強くなる感じがする。やはり端座位は生命線だろう。かっこちゃんの講演会をみたのが3月21日だったと思う。それで4月中旬に金沢に会いに行って、やり方を教えてもらった。これが「今」に繋がっているのだ。

だから、たったの半年で、この指の動きに繋がってきているのだろう。すごいな。たったこれだけのことを、知っているかどうかで、それは大きな分岐である。

端座位を終え、食事をしながらまた剣心をみているが、今日はグー、スーと寝息モードだ。それで、イアホンをはずして、「今日はいらないね?」と訊いてみると、首を横にふりはっきりと意思表示をする。<いいの、このまま見ているから大丈夫。>おいおい、だって目はつぶっているぜ。あぁ、そうか、いつも家でうつらうつらしながら、テレビをつけっぱなしにしていたものね。あの感じを味わっているのだな。・・・と、おっと、今気がついたけど、剣心は終わっていた。もうDISC16は6話も入っているのに終了だ。昨日いっぱい見たからなぁ。じゃぁ、今日はジュレックを見てみよう。ドリームワークスだぜ。

おぉ、目があいた。ちょっとは興味があるようだ。僕はこの隙に電話をかけまくる。吸引機のレンタルのことを手配していたら、どうも車の中でも使えるやつは、レンタルしていないとかいう。まいったなあ。やっぱり購入しかないのかな。でも、市役所へいって相談したりしていたら、それはそれで間に合わない。しかし、援助がでればそれはそれでありがたいからなぁ。来週月曜日にはやっぱり市役所に相談にいこう。

ジュレックは90分だ。まだ考える時間があるから来週の授業の内容を考えよう。来週の授業には、友人の音楽家をゲストに招く事にした。学生たちにめずらしい楽器の生の音を体験してもらうためだ。最近の人たちは、YouTubeで何でもただで見れる。うらやましい。しかし、なかなか生の音をレコーディングする機会は少なくなっている。実はこれは深刻なことだと思うのだ。だから、マイクを通していない生の音を教室で聴いてもらうことにした。ディジュリドゥというアボリジニの楽器やら、パーカッションやら、僕の知らない名前の楽器やらを、もってきてもらう。音と空間の関係を体験してもらうつもりだ。僕自身も楽しみである。

明日は、薬師寺で奉納演奏をやるという。打ち合わせがてら、リハーサルだけのぞきにいこう。来週の授業の内容がそこでよりはっきりするだろう。・・・といつのまにか、妻とは関係のない話しになっていた。妻はジュレックをしっかりと見ている。この時間はお互いの自習時間である。ジュレック・・・どうも気に入ったようだ。めでたしめでたし。

スポンサーサイト
未分類 | 18:16:30 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。