■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
I’ll be Back!


快晴!
今朝、一番のメールは、下成佐登子から「清美晴れ!」という笑えるメールだった。
そう、今日は外出日。佐登子さんに、Thumbs upマークを送り一日が始まった。
そして19時に、たけちゃんの回復に念をいれてから、これを書き始めた。

妻は3年9ヶ月ぶりに、私服を着ておでかけをした。運転は次男がする。助手席には妻の親友のまやちんが乗っている。僕と妻は、後部座席に偉そうに座っている。僕らがドライブをしている。土曜日はとても混んでいて、お出かけのうち4時間は車の中、現地には1時間半ということになった。

お昼に病院についたときに、すでに妻の気合いは入りまくっていた。体温は36.9℃、セーフだ。妻の親友のまやちんが、妻のために靴下をもってきてくれた。5本指のやつだ。毎日はくのはめんどうだけど、こんなお出かけの日にはこれがいい。少しでも血流が良いほうがいい。こういうちょっとした心遣いがうれしい。

2時間のドライブで、吸引は1回だけだった。目的地につくほんの5分前にコンビニの駐車場に入って吸引をした。明らかに、なるべく吸引しなくていいようにと、妻はなるべくゴクンと唾液を飲み込んでいたようにおもう。嚥下が意識的に出来るようになってきているということだ。これもすごい。

こういう、凄い事は、やはり必要にかられ、その対応のために生まれるということのように思う。座ることで、首を使う。とてもいやだから、首を横に振る。Yesを伝えたくて、なんとか右目だけでもまばたきをする。・・・というように、必要なこと、必死に伝えたいこと、は身体ががんばるのだ。

今日は快晴。光が飛び跳ねていた。あたたかいし、うれいしのだけど、妻の左目はまぶたがうまく作動しないままだ。窓から光が直接あたると良くないのだ。ほっておいたらきっと失明しちゃう。当然この可能性は予想していたので、今日も野球帽はもってきていた。目の保護のために、深めに帽子をかぶせれば目を守れる。・・・一週間前の練習外出でも、これは有効だった。

でもなぁ、、、先週思ったことは、これじゃぁ景色がかくれてしまうのでもったいない・・・ということだった。それで今日は、いつも運転で眩しい時に使っているサングラスを妻にかけてみた。

おー! I’ll be back! 

サングラスをかけた瞬間に、僕がそう声をあげた。ターミネーター好きの息子はすぐにバックミラーを見て「おー、いいね!」と反応した。あまりにカッコイイと思ったのと、道が混んでいて、つまらないこともあって、僕は妻の写真を撮った。それがこの写真だ。

光で顔半分が飛んじゃうようなポイントでシャッターをきったのが、けっこういい感じになった。元はもちろんカラーだけど、ターミネーターみたいにしたいと思って、カメラをいじっていたら、こんな風になった。なかなかクールだ。悪くない。

柴田先生とは8月前半にあった以来だ。妻は講演後、久しぶりの柴田先生との会話を楽しみ、そして親友のまやちんに話しかけた。その言葉のストレートさに、まやちんはビックリして、動揺していた(笑)・・・、これは僕は以前からわかっていたことなんだけど、まやちんは僕らをいたわってくれていて、妻も当然どんどん良くなって来ていると思うし、すべてわかっているよねと話しをしていた。でも、<そう思いたいという願望>として感じているという風に僕はうけとっていた。

あぁ、違うんだよな。清美は本当に全てわかっているんだけどな・・・でも、この微妙な感じは、僕はそのうちわかることだから、どうでもいいやと思っていた。本当にそうおもっていても、思おうとしている段階でも、どってでもいい。だから、僕はそこについては話しをしなかった。だって、誰だって、身内が真剣にそんな話しをしたら、「そうですよね、きっとそうです。わかります。」ってことくらいしか、セリフはない。

それを、妻は柴田先生経由でまやちんに指摘した。僕は「あーあ、言っちゃった」って(笑)妻は親友には、はっきりと明確に理解してもらいたかったのだろう。「私、ぜんぶわかっているよ。でも、しゃべれないだけなの。だから、以前のように普通に話しをしてほしい。」と言い始めた。ぜんぶの言葉を覚えていないけど、要約すると、、、「私は普通にすべてわかっているのに、みんなかわいそうとか、そんなムードで、会話がちょっと遠い感じというか、気をとてもつかってくれていて、そのポイントがずれている」・・・ということを伝えていた。

へー、よくこんなこと言えるようになったね。妻の性格を考えると、前ならぜったい口にしない切り口だろうと思うけど、それだけ、親友にはわかってもらいたかったのだろう。まやちんは、びびって言葉がなかった。車の中でも反省しきりだった(笑)こうやって、一人一人、ほんとうに妻に言葉があり、思想があり、感情がはっきりとあることを、、、ついに、本人が伝えはじめたのだ。

もちろん、柴田先生経由である。柴田先生が通訳をするときのこの柴田先生の手だけでも、おいて行ってほしいくらいだと言っていた(笑)台詞がいい。なかなか、いいセンスだなと思った。

今日の柴田先生は、スーツを着て、障がい者たちのほとんどに言葉がある事実を伝えようと、暑く講演をしていた。それに聴き入っていた妻は、講演後、柴田先生に伝えた言葉は、「私の病室に、笑いながら入ってくる人は、柴田先生とお優さんだけで、この人たちは、ただものではないとおもっていたけど、柴田先生は、ただ笑っているだけでなく、ちゃんと真面目に話しもするのですね。」・・・というジョークだった(爆)もしかしたら、本気の言葉だったのかもしれない(笑)

5時間半の外出。往路2時間ドライブ ミーティング1.5時間 復路ドライブ2時間。
すごいな。こんな事が出来るようになった。すごいぞー!すごい!
あー、楽しかった。 I’ll be back!!


スポンサーサイト
未分類 | 21:40:07 | トラックバック(0) | コメント(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。