■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
座れるときは座ろう!
今日は病院に来た時には、ひさびさの38℃以上の熱だった。目をとじていたけど、僕の顔をみると大丈夫とウィンクした。左目に眼帯のようにカーゼをつけているので、そのように見えるわけだけど、きっと正確にはウィンクではない。

アイスノンをしながら、夕飯をとりながら志村どうぶつ園を見て、そのあとサザエさんスペシャルをみている途中で目をとじた。熱があるから、つかれちゃうのかな・・・と、おでこを触るともう熱はさがっている。体温を計ってみると、36℃3分である。2時間弱で2℃も下がった。こりゃぁ、自分の身体とつきあうのも大変だろう。

ビデオを外そうとしたら、目をあける。それでまた少しみるけど、目を閉じる。それでビデオをしまうと目をあける(笑)・・・「ねぇ、ねぇ、どうする?端座位やるの?」と聞くと<やる>とまたウィンクをする。左目の反応がにぶいので、ウィンクのようである。これはキュートだ。

それにしても、やる気が充実している。こんなに体温変化があるのに、座りたいというのだ。外出をしてから、さらに前向きになったように感じる。それと、座ることが自分をどんどんよくしていくという実感があるのだろうと思う。今度、柴田先生にあったら聞いてみよう。

座ることの素晴らしさをもっと伝えないといけないと思う。みんな寝てる場合じゃない。走んなくてもいい、歩かなくてもいい、座るのだ。この座る事が、人間の身体の機能の回復にどれだけやくだつのかということが、当たり前になればいいのにと思う。

人間社会は難しい。すべてを平等にするために、システムを作ろうとするからだ。でも、すべてを均一にやることは不可能だ。復興の問題もそうである。どうしてもプライオリティをつけて、順番をつけて着手していかなくてはならない。実際はそうなのに、平均、平等を意識するので、問題になりそうなことは面倒なことになる。でも、座れる人は座った方がいい。

スポンサーサイト
未分類 | 19:39:16 | トラックバック(0) | コメント(11)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。