■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハッピーループ アゴアクション
病院に到着したときには、作業療法の最中だった。「ハイ!なんか調子良さそうだね!」<うー(ってやりながらアゴをちょいと上げる)>「そりゃわかるよ、顔色がいいもん」<うー&アゴ上げアクション> 「ね、すごいですよね。なんだろ、このウーの連発。こんな連続でやるの珍しいな。なんか言いたいことがあるんだよねー。でもわかんないもんねー(笑)」<うー&アゴ上げアクション・・・(これは、きっとバーカ)>僕は療法士の方に「たまに腕の力をいれて、ほーら、こんなこと出来るんだよって、やったりするんですよ。」<パチリ!&ウー&アゴ上げ><うー&アゴ><うー&アゴ>・・・す、すごい。なんなんだ、君は。・・・などと、三人で会話をしながら、ベッドサイドポジションのポジションチェンジをした。腕は左腕のほうが力が入る事がある。その手を療法士が握ってしばらっくすると、「あ、本当だ!動かしますね!」
「そーでしょ?これ、けっこうやるんですよ。きっと、ホラ、こんなこと出来るんだよって言っているのだろうと思います。」<うー&アゴ>「ホラね(笑)」「本当だ、アハハハ」<うー&アゴ・・・(これは、完全に自慢)>

そんな楽しいリハビリの時間が終わった。

僕はこの<うー&アゴアクション>の合わせ技をすっかり気に入った。リハビリのために、処置の順番が後ろになっているので、まだ少し時間があったので、今度は15分だけ端座位をした。今日は、お昼に理学療法、それで夕方に作業療法、そして端座位へとなだれ込みだ。しかし、この目がしっかりと開いていて、うーの連続サービスにアゴのスペシャルメニューが付いて、これは絶対お買い得である。そうか、最近、テレビをたまにみたりして、世間のこうしたダメ押しサービスを取り入れてみたのだろうか?・・・んなわけないか(笑)

端座位あとに先日途中で眠っちゃったドラマを見始めたけど、なんか乗らない顔つき。ははん、これ、妻的にはイマイチなんだな。でも、今日はほかに新しいネタはない。さてさて、どうしたものか。。。そうだ、こういうときは、もののけ姫だな。おでかけ白雪姫が大流行中の、姫はきっと、本当は山犬にのって出かけたいはずだ。とにかく、妻はもののけ姫が大好きだったから、これなら何回みても大丈夫だろうと思いDVDパッケージを取り出し「じゃぁさ、これ見る?」と見せると即座に<うー&あごアクション>のレスポンスだった。

ほーら、大当たり。目はしっかりと見開き、今となりでしっかりとDVDに見入っている。これ、本編133分。丁度いいな。僕はこのすきに積み上がっているやるべきことを、ベッドサイドでカチャカチャやろう。

スポンサーサイト
未分類 | 18:00:38 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。