■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
見えないけどあるもの
妻の高校時代の親友から、メールをいただいた。友達2人で妻のところに、9月に見舞いに来てくれるとのことだ。すごい。本当に、妻は人気者だ。

この妻の友人たちは、妻が倒れた2日後に九州から日帰りで会いに来てくれた。生きている清美に会いたい。お葬式には行けなくても、生きている時に会いたい、という気持ちで、すぐに飛んで来てくらた2人だ。あれから、3年半が経つ。これだけ回復している妻と会ってもらえるのが、心底楽しみだ。

今日、妻にその事を伝えた。「清美、すごいニュースがあるよ!」<目をパチパチ〜なーに?〜>それから発表したら、目が一瞬大きく開いた(笑)

妻は友達が多いほうではない。しかし、友達と言える人は全員が親身に思ってくれていると感じる。この高校時代の親友たちには、僕が九州へ行った時に、北九州で2軒しっかり飲んだ(笑)そこで、妻が高校を卒業していなかったことを知った。僕はいったい妻の何を知っていたのだろう?と、本当に仕事のことしか考えたことがなくて、生活という意味では妻に支えてもらっていただけだったと、頭を殴られた気持ちになった。まぁ、それはそれとして、妻は人気ものだ。こういう友達が3年ぶりに会いに来てくれる。子供が生まれた直後から住んでいた団地では、長屋付き合いのようにしていた近所の友達が2人いるが、その一人は、妻が倒れたということがキッカケとなり、びっくりしたことに長男の義母となった(笑)もう一人は、先日、お見舞いにきてくれた、みっちゃんだ。

年をとると、なんだか忙しい。身体もキツくなるし、足は遠のくものだ。先週の日曜日には、まやちん夫婦も来てくれた。とにかく、僕の知っている妻の友人は、全員が本気でお見舞いに来てくれるのだ。これは人気者と言うほかないだろう。

やはり、倒れる直前に僕自身が占ってしまった<澤水困>の卦を思う。
〜尻株木に困しむ。幽谷に入り三歳観ず。〜座る事も出来ないほど苦しみ、暗闇の中に落ちてゆき、三年は光さえ見る事ができない、、、というわけだ。64卦の中の3大難卦だ。 

しかし、卦全体としては、困は亨と言う。これ以上悪くなることはないと考え、ありのままの運命を受け入れ黙々と正しく生きろと言う。僕はこれを信じた。3年というのは、僕のあのときからのキーワードだった。それが、今年4年目に突入してから、本当に色々と変化が始まっているのだ。

なんだか、この妻の親友二人は、何か目に見えないものを運んで来てくれるような気がしてならない。目に見えないもの。それを信じる力を忘れてはならない。その想像力は創造力となるのだ。
雨の日の雲の上には、いつもと変わらぬ太陽がある。昼間にも星は天にある。路傍のたんぽぽには、しっかりとした根があるのだ。


       星とたんぽぽ  金子みすず

         青いお空のそこふかく、
         海の小石のそのように、
         夜がくるまでしずんでる、
         昼のお星はめにみえぬ。

           見えぬけれどもあるんだよ、
           見えぬものでもあるんだよ。

         ちってすがれたたんぽぽの、
         かわらのすきにだァまって、
         春のくるまでかくれてる、
         つよいその根はめにみえぬ。

            見えぬけれどもあるんだよ、
            見えぬものでもあるんだよ。
スポンサーサイト


未分類 | 17:53:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。