■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うー。パクパク、うー。


今月から、言語聴覚リハビリの担当がHさんになった。彼女は妻がこの病院に入院したときの、最初の担当者だった。Hさんとは最初から相性がよかった。妻は最初から、とても積極的にアプローチしていたことを思い出す。1年くらい担当していて、そのうち見かけなくなったのは、出産のためだったそうだ。先日再会したときに彼女は母親に、そして妻はおばあちゃんになっていた。

そのHさんが今月から担当に復帰した。今日、病院へ行ったとき、ちょうどリハビリが終わるところだった。「今日は、最初は眠そうだったのですが、とてもがんばってくれたんですよ!」と笑顔で今日のリハビリの模様を話してくれた。色々な言語カードを見せて、口の形を練習するのだが、最長4文字のことばを口で形をつくったそうだ。もちろん「あ」と「お」との差はそう簡単に表せないけど、きっとそうだろうな、、、くらいはがんばれたようだ。

昨日も、僕は妻に、「Hさんとの言語リハビリははりきってやってね。約束だよ!」と話していたばっかりだけど、ちゃんと気合いいれて実行しているようだ(笑)

昨日、いつもの公園でまったりしているときの会話で、、、「ねぇねぇ、今はまだ僕が学校とか行き始めて、ペースがまだ出来ていなくて、クタクタなんで、まだまだ準備も何も出来ていないから、まだまだ先の話なんだけどね・・・」と普通に話しかけたら、閉じていた目を開き<はいはい、それでなーに?>というように僕を見た。「いやね、ほら、日帰り外出許可はもらったけど、まだ何も準備出来ていないのよ。でも、季節がよくなったらさ、近くでもいいから、紅葉とか見に行けるといいよね。」・・・などと話をしていたら、 <うー。パクパク。うー!> としっかりと僕の目をにらみつけながら、あごをちょっと突き出すようなアクション付きで返事をした。「うぉー!最高だ。ぐっとくるね!」なんていいながら、涙がポチリとはみだした。

あれは、きっと <ほらほら、そんなに急いで無理しないで!> と言っていたのだと思う。いや、まてよ。違うかも <おそいわよ。なんでさっさと準備しないの?>・・・かもしれない。しかし、あいつは喋れないんだから、その判断は僕に決定権がある。筆談もあいかわらずわからないままだから、すべての権限は僕にある。だからきっと優しく、<無理しなくていいわよ> ・・・そう言っていたに違いない。

だって、そのほうが理想的な女性像だし、人気がでそうな気がする(笑)なんの人気かは知らないけど、少なくとも僕からの人気はアップする。そうそう、そんな会話を公園でしていたときに、「Hさんとの言語リハビリは、気合いを入れてがんばってね」という話をしていたのだ。妻はしっかりと約束を守り実行してくれているのだ!

昨日、約束したことがある。いつも、レコーディングしている時は、録音中の音源を聴かせながら、感想をきいたりしていた。そういえば、ここ3年半はこのことをまったくやっていなかった。因幡さんのレコーディングも、杉田さんのレコーディングも、途中では聴かせていなかったな。完成してからは聴いてもらったけど。なんで、いつもしているようにしなかったのだろう?とふと思った。

今、小松崎いつ子さんというシャンソン歌手のレコーディングをしている。昨日は夕方から録音だった。ちょうど4曲、歌が入ったところだから、久しぶりにこのレコーディング途中の音源を聴いてもらおうと、約束していた通りに音源を用意して、20分ほどこの音源を聴きながら端座位をとった。言語リハビリ直後だったこともあり、かなり疲れていたようで、もう目は開かなかったけど、気持ちよさそうに歌を聴いていた。「うん、僕もかなりいい出来だと思っているよ。気持ちいいだろ?楽しみにしていてね。」うっすら目を開いて、かすかに <ウン> と言ってくれたように感じた。
スポンサーサイト


未分類 | 19:03:12 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
うちの嫁は言語聴覚の時間はまだ、嚥下訓練のみで、言語とは程遠い位置にいます。ジュースにとろみをつけたものやシチューや豆腐のようなものを食べています。口が動くようになる日はくるのかなぁ~。
2013-09-11 水 08:56:40 | URL | kazno [編集]
Re: タイトルなし
きっと大丈夫です。ちなみに妻は、液体(アイスコーヒー)を3滴ほど口に入れられるだけです。ゼリーを試したけど、たいへん危ない感じでしたのでやめました。そう言う意味では、奥様のほうが嚥下能力は高いかもしれませんね。とにかく、すごい遅いスピードですが、確実に前に進むようです。最近の妻は、手が少し動きます。リハビリの方には認められていないけど(笑)僕はすごく褒めています!そんな日は、ちょっと先でしょうけど、気がつけばそんな日がやってくると思います。
2013-09-15 日 18:45:56 | URL | T.Nishijima [編集]
コメントありがとうございます。
まだ回復期リハなので嚥下訓練もやってもらってますが、たぶん11月から療養型に移るので病院探しを始めたところです。介護すほうもいろいろ壁にぶちあたりますね~。
早くこういう手続き関係のようなものは終わりにしてほしいです。。。
これから申し込む障害年金もどうなるのかなぁ~。
少しずつ前進することを祈ってがんばります。
2013-09-17 火 08:55:02 | URL | kazno [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。