■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
笑顔・・・のようなもの
ここのところ、慣れない勉強などをしながら病院へ通っているので、頸椎から右腕への痛みがとれず、なかなか日記を書くところまでいかない。しかし、今日はこの痛みもつかの間忘れさせてくれることがあった。大したことではないのだけど、こんな些細な瞬間が、幸せだったりするのだ。

学校終わりで夕方に病院へいくと、妻は相変わらずつまらなそうな顔をしていた。「よう。今日は、100年ぶりにテストをやったんだぜ。すごいだろ?」なんて、笑いをとりにいったけど、あいかわらず「ふん」くらいな感覚で聞き流された。この、凄みのある顔つき、この貫禄、僕はこれが面白い。いつから、こんなにどっしりした女になったんだ。この無言の凄みの、目に見えない手のひらで、僕も息子たちもそれぞれの人生を生かされているように感じる。

今日は、バスに飛び乗ってしまったので、コーヒーが買えなかった。そのかわり、自動販売機でグレープジュースを買ってもっていった。これが思いのほか人気で、口や舌をよく動かしながら、味を確かめながら、楽しみながら飲んでいた。こんな反応を見ていると、この瞬間は痛みも忘れる。

夕方にくるようになってから、処置の時間とのタイミングがうまく読めないけど、まぁ、来たら来たで止めればいいから、端座位をとって、色々と話し合った。台風の話、昨日のレコーディングもうまくいった、今月には完成するから聴いてねという話。そしていよいよ来週、妻の親友が九州から遊びにきてくれる。どんな歓迎をしようか?という話し合いだ。

「端座位は見てもらわないといけないよね。で、ジュースやコーヒーを飲みながら、そのあと、車椅子で散歩して、インチキ筆談をやろう!とにかく、出来る事はみんなやってみせようね。」<薄目をあけて、ふんってイメージで軽くまばたき>「いやぁ、その感じ、かっこいいよ。ホント。その人を見下したような感じ、凄すぎだぜ。」<軽くにらみをきかせる>「それそれ、いーね。イイデスハンソン」<顔は変化していないけど、なんか笑顔を感じた・・・プッ・・・というイメージ>「あっ!今、笑ったでしょ?ね、笑ったね。ぜったい笑った。そうでしょ?ね、ねっ!」<目を開き、あごを突き出すようにアクション>「やった、遂に笑顔発見!まさか、イーデスハンソンで来るとはな。人生捨てたもんじゃないな。いいね、いいね、イーデスハンソン!」<ばーか、つかれるから、やめてよ 〜イメージ〜>・・・・と、こんな具合で20分を過ごす。

これ、聴いている人は、周りの3名の入院患者さんだ。きっとみんな、へんな馬鹿野郎だと思っているんだろうなぁ〜って、思いながら、それが可笑しくて、また一人でヘラヘラと笑う。この、妻と話をしているのか?一人で芝居をしているのか?・・・このかなりギリギリな行動と会話は、実際の映像より、想像してもらえると、かなり気持ち悪くて面白い。妻はどんな思いで、この馬鹿らしい話につきあっているのだろうか?

そんなくだらないひと時が、とても幸せに感じるなんて、不思議だな。
壁打の日々、空振りだらけの脱力感の日々を、根性で背筋をのばしていた日々が、
いつのまにか、こんなひと時さえも、幸せと感じる日に変化していた。
倒れてから3年半が過ぎて、確実に次のステップへと向かっていると感じる。

もともとギャグは得意じゃないし、気分的にも言うことはなかった3年間だったけど、これからは少し練習していこう。おやじギャグは、実は日本文化に通じるということも最近わかったし、それもイーデスハンソン。ハンソンさんごめんなさい。
スポンサーサイト


未分類 | 21:37:22 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
お友達がいらっしゃる時に、ほんの10分くらいでも筆談やりに行きたいな。。。でもおじゃまかな。。。というか、スケジュール合うかな。。。
以上独り言でした
2013-09-18 水 11:33:25 | URL | 優 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。