■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「体当たり秘密基地」潜入記


なんか、どうしてもこういったふざけたタイトルをつけてしまう。お優さんも、かっこちゃんも、宮ぷーも、たけちゃんも、柴田先生も、りほさんも、知り合った方々みなさん、そして妻も、自分に与えられた人生を、しっかりと受け止めながら、しかし、ちゃんとその中に人生の楽しみを見つけ出す才能をもっています。軽すぎるアプローチではありますが、僕にとっては文章だったり、タイトルだったりするのかもしれません。

昨日、お優さんの秘密基地に潜入した。それも食事付きである。正確にはこういうのは潜入とはいわない。もちろん、妻の外出大作戦の打ち合わせ・・・というか、僕からの質問の場である。なんせ、何を用意して、どんなことを気をつけていいかわからない。タクシーを用意すると、5万以上はかかるだろうし、さてどうやって移動すればいい?からはじまり、さまざまな質問大会をすべて、スラスラと答えてくれるお優さんでした。

「着替えはね。・・・あなた、ここに寝て・・・こうやって、腕は上にはあげずに、袖をなるべく下にもっていって、こうやって通して、それから反対・・・はい、ごろ~ん・・・で、こっちの手も同じように、ネッ!」・・・と、夫婦で見本を実演しながら教えてくれるから、気をつけるべきポイントが一発でわかる。すごい。

どんなにインターネットが発達しても、こうやって会って話をすることを超えるコミュニケーションはないと実感する。そのうえ、美味しい(笑)お鶏肉の自家製塩こうじつけソテーと、あゆの塩焼きに、白ワイン。お米は魚沼さんコシヒカリだ。インターネットでは味わえまい。

さて、しかし、準備することが山積みだ。今日はほんとうは病院で吸引の練習の相談をする日だったのだが、急に寒くなったこともあり、身体が危険信号を発したので、家に帰って眠ることにした。このバランスをぐっとこらえることも仕事だ。結局、腰をやっちまうと1ヶ月以上使いもにならなくなる。

腰といえば、昨日、お優さん経由でいただきものをした。このブログを読んでいただいている方が、僕と息子の腰を気遣い、痛み解消のメソッドエゴスキューの本を用意してくださった。それを、お優さんがイベントに出演している日に、お優さんに声をかけて、、、そういうわけで、お優さん経由で、僕がこの本を頂いた。なんともびっくりし、ありがたく思いました。

これもインターネットでは出来ないものでしょう。便利はいいけど、こうやって人と人とのつながりで、手渡してもらったものだとありがたみが格別にちがう。便利だけだと見過ごしてしまうものが、こういう人と人とのつながり、かかわりの中にある。

かっこちゃんがやっている毎日のメールも、お優さんのブログも、柴田先生の活動も、こうやって広がっていくのだろう。ぴったり同じというわけじゃないんだけど、同じような志しをもった人たちが、その感覚的共有部分で繋がって、それが重なり合って、毎日成長していくといったようなイメージだ。これはなんというか、うまく言えないけど、精神的にとても正しい成長だと感じます。

いつも書き始めると、最初に思った事と別の文章へと話はすすみ、結局もどれなくなる(笑)あぁ、そうか、僕は今こういうことを考えているんだなぁと書きながら、ふーんと思う。なんか、自分の中にもう一人いるといった感覚である。

外出計画がスムーズにいくかどうか?は不安いっぱだけど、とにかく無理をせずに、出来る範囲で一歩づつやっていきます。
スポンサーサイト


未分類 | 21:49:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。