■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
台風一過のポヨヨンとしたひと時


今日は台風で学校はお休み。
久しぶりにグータラと午前を過ごしてから、病院へ。妻は僕の顔を見るなり、うーをした。
これは挨拶でもあり、命令でもある。車椅子に乗って散歩に行きたいという意味である。

うー

たったこれだけで、これほどの内容を伝えるのは、東北弁でも出来ないだろう。
必殺技だな。

僕はあまりプロレスをしらないけど、コブラツイストとかラリアートとかヘッドロックとか16文キックくらいならしっている。しかし、誰だって「うー」の一発でこれだけの効果をあげることはできない。そういう意味では、だれより必殺技かもしれない、、、などと考えているときに、僕のあしもとから、あいつが現れた。僕の座るベンチの足の間からスルリと姿を現して、あの日向と影の境目を選び寝転んだ。

やわらかな日差しだか、日向は暑い。風は強いけど気持ちいい。なんか久しぶりにキャンプにでも来た気分だねと話したら、その目は遠くを見つめた。頭の中のはるか彼方の景色を眺めているようだ。ここには、焚き火も、ワインも、ホルモン焼きもないけれど、なんだかポヨヨンとして気持ちがいい。

いつもお外にいくとすぐ目を閉じて寝ちゃうのに、強い風が刺激的なのか、今日の妻は目をしっかりあけたまま何かを考えているようだ。こうやってみると、猫もなんだか凄いことを考えているようにも見える。

もしくは、妻も実は何にも考えていない可能性もあるけどね。
スポンサーサイト


未分類 | 15:37:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。