■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
座れるときは座ろう!
今日は病院に来た時には、ひさびさの38℃以上の熱だった。目をとじていたけど、僕の顔をみると大丈夫とウィンクした。左目に眼帯のようにカーゼをつけているので、そのように見えるわけだけど、きっと正確にはウィンクではない。

アイスノンをしながら、夕飯をとりながら志村どうぶつ園を見て、そのあとサザエさんスペシャルをみている途中で目をとじた。熱があるから、つかれちゃうのかな・・・と、おでこを触るともう熱はさがっている。体温を計ってみると、36℃3分である。2時間弱で2℃も下がった。こりゃぁ、自分の身体とつきあうのも大変だろう。

ビデオを外そうとしたら、目をあける。それでまた少しみるけど、目を閉じる。それでビデオをしまうと目をあける(笑)・・・「ねぇ、ねぇ、どうする?端座位やるの?」と聞くと<やる>とまたウィンクをする。左目の反応がにぶいので、ウィンクのようである。これはキュートだ。

それにしても、やる気が充実している。こんなに体温変化があるのに、座りたいというのだ。外出をしてから、さらに前向きになったように感じる。それと、座ることが自分をどんどんよくしていくという実感があるのだろうと思う。今度、柴田先生にあったら聞いてみよう。

座ることの素晴らしさをもっと伝えないといけないと思う。みんな寝てる場合じゃない。走んなくてもいい、歩かなくてもいい、座るのだ。この座る事が、人間の身体の機能の回復にどれだけやくだつのかということが、当たり前になればいいのにと思う。

人間社会は難しい。すべてを平等にするために、システムを作ろうとするからだ。でも、すべてを均一にやることは不可能だ。復興の問題もそうである。どうしてもプライオリティをつけて、順番をつけて着手していかなくてはならない。実際はそうなのに、平均、平等を意識するので、問題になりそうなことは面倒なことになる。でも、座れる人は座った方がいい。
スポンサーサイト


未分類 | 19:39:16 | トラックバック(0) | コメント(11)
コメント
座ろう座ろう!
座れる時間がとれるなら絶対座った方がいい!!かっこちゃんの本を読んだ時、「座ること」にアンダーラインを引き、そのことを病院での看護スケジュールに組んでもらいました。ICUにいる時も、車椅子乗って散歩にも連れて行ってもらいました。(どこがICU患者だ?^_^;)
座ることで、重力が筋肉に働くのです。頭を起こすことで、首の筋肉にも影響し、起こさなかったらどんどん首も座らなくなるし、体の筋肉が落ちます。目に見えてあっという間に筋肉が落ちたので、慌てて、起こし、座らせてきました。
2013-12-05 木 21:03:25 | URL | かずちゃん [編集]
そう、そう!座ろう座ろう‼︎
母が40°の肺炎で市民病院に入院した時も、熱が下がった日から座らせました
今は療養型の病院で、食事の時はほとんどのかたが車椅子ですが、終わるとすぐにベッドに戻されてます。でも、母は食事のあとに可能なだけ、ナースセンターの前で、車椅子にいさせてもらえるようにお願いしました。特に何かしてもらう訳ではありませんが、一日三回、30分〜1時間は座らせて頂けてるので、ありがたいことです
母よりあとから入院されて、母よりずっとお元気だったのに、どんどん、表情や食欲がなくなる方を見てるのは心が痛いです
家族でもないから手も出せず、声をかける位しかできません
私はパートで働いてるだけだから、毎日病院に行けるけど、ほとんどご家族が見えない方で、食事でも車椅子に乗らない方はなかなか座るチャンスがないだろうなぁ
2013-12-05 木 21:45:53 | URL | くるりん [編集]
座らせたい!!
今の私の切なる願いです。
身体の大きな旦那さん、私1人の努力ではどうしようも出来ません。
座らせたい…。
とても思います。
きっとダメージを受けた脳への刺激になることは間違いありませんから…。
2013-12-05 木 22:30:41 | URL | 沙羅 [編集]
西嶋さんブログで会話中(^_-)-☆
沙羅さん。ご状態はよく解らないのですが、電動ベットで背上げは可能ですか?出来る限り上げる時間を持つだけでもいいと思うのです。
以前、うちの子が胃瘻を使っていた時、ベットアップ60度と説明書にあったので、どんどん上げて上半身は座った状態にしました。
一人では座れないので、背を上げるだけでなく、足を下げるベットがあればと思いました。あることはあるようですが、ほとんどの病院にはないに等しく、いい一人座りベットがあればなあと思います。誰か開発してほしいなあ
2013-12-05 木 22:56:06 | URL | かずちゃん [編集]
沙羅さんへ
かっこちゃんの映像をご覧になったことがありますか?
ペットボトルのふたさえ開けられないかっこちゃんが、倒れた当初は80kg以上あった宮ぷーを起こしたり座らせたりしてます。はじめは大変かもしれないけど、こつをつかめばだんだん出来ることは増えると思います。
母は軽いけど、それでも力ずくでは腰を痛めるし、母も辛いと思います。あとベッドの端に座らせた時は危なくて、支えてないとならないけど、車椅子に乗せられると、手を離しても座っていられるから、先の目標として是非車椅子に座る姿をイメージしていきませんか
2013-12-05 木 23:25:11 | URL | くるりん [編集]
かずちゃんさん
ありがとうございます。
私の所は旦那さんが、昨年の7月末に急性心筋梗塞になり、心肺停止。
心拍再開しましたが蘇生後脳症になりました。
今も四肢麻痺、意志疎通困難と言われています。
幸いにも、白雪姫プロジェクトを知ったことで、いろいろな刺激を与える方法を考えるようになりました。

ベッド上のギャッジアップは出来るだけ毎日(10~20分)行うようにしています。
60度にすると本人が白目を向いてしまうので、すぐに45度にしてしまいます。
思いきってやる方が良いのか…。
悩みますね…。
2013-12-05 木 23:32:06 | URL | 沙羅 [編集]
くるりんさん
ありがとうございます。
かっこちゃんの動画は何度か拝見したことがあります。
やってみたいと思うのですが、身長184cm体重82kgの旦那さんを一人で車イスに座らせるということに正直自信がありません。
介護の仕事をしていますが、それでも怖いと思う気持ちが先に出てしまいます。
今、リハビリの方に車イスに座らせて頂けるようにお願いをしています。
年内に一度は座らせます。と言われていますが…。
病棟の人手不足、旦那さんの肺炎、褥そう等の問題が車イスに座る足かせになっているようです。
2013-12-05 木 23:48:31 | URL | 沙羅 [編集]
座る事、ひろめたいです!

かずちゃんさん: 白目むいても時間を調整しながらやってください!
ジャッキアップでいいと思います。
出来れば、それで股がって背中を起こしてあがるといいです。
車椅子だとこれが簡単です。
背中を解放してあがることは、とても大切なことのように思います。
医学的なことはしりませんが、そう感じています。

こんな風に話し合っていただい、とてもうれしいです!
座ることは、とても大切です。

2013-12-06 金 00:02:37 | URL | T.Nishijima [編集]
座ること、大変ですよね。これは「あたりまえ」にしなくてはなりません。東京オリンピックの前に、「あ・た・り・ま・え」に、みんなでしちゃいましょう!<合掌>
2013-12-06 金 00:11:11 | URL | T.Nishijima [編集]
沙羅さんへ
座らせたい‼︎はどんどん主張しましょう✊何度もお願いすると叶うことは増えます✌️
一人でが怖いなら、兄弟や友達に協力を得られませんか?
3人に週1回頼めたら、週3回座れるかも。一人で頑張らなくてもいいですよ。
宮ぷーのとこにもどんどん友達が集まって、かっこちゃん一人では無理なリハビリも可能になってますから
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
2013-12-06 金 00:27:59 | URL | くるりん [編集]
くるりんさん
ありがとうございます。

私は親、兄弟に頼ることが出来ない状況です。
友人も少なく頼みにくいので、今は病院関係者にお願いすることが精一杯。
かっこちゃんのようにたくさんの仲間がいらっしゃって、手を差し伸べて下さること…私には羨ましいと思います。

自分が出来ることを精一杯やってみようと思います。
2013-12-06 金 06:43:00 | URL | 沙羅 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。