■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
のどもと過きれば、、、
喉元そんな諺があります。

熱い味噌汁やお茶をのんで、熱くてゴクンとした経験は、ほとんどの方がされていると思います。
そーです、喉元過ぎても、熱さは忘れませんね。胃に入るまで、ずーっと熱い。

白雪姫プロジェクトは、この導線に火をつけちゃった。それを聖火リレーのように火を灯してみたら、喉元過ぎても、諺のようにはならない。結果は真っ逆さまだよ、、ってなことになる。今は、そんな時期なのかもしれない。

端座位は、管理者にとっても、家族にとっても、両者にとって「喉元過ぎても、熱さ忘れず」なのでしょう。

僕らは座るしかない。でも、強行突破はいただけない。病院は僕らの味方だ。これはとても大切なことだ!

僕は恵まれているのかもしれないけど、本当に素晴らしい病院にたどりつけた。色々な方に導かれて、ここに居させていだだいている。妻もわかっていて、スタッフの皆さんへの感謝は尋常じゃない。

本当に日々、妻の感情をみんなに知ってもらいたいと思う。ぼくは、このあたりが、妻のいいところだと思っている。素敵だ!

かっこちゃんたちの努力で、座ることの効力、その事実は文章としてのこっている。僕も、病院に伝えずにスタートしたのはまずかったと思う。味方に相談をするのが筋である。

立場による弊害はあちらこちらで見られる。本心を伝え合える関係こそが、「常識」を乗り越えられる「信頼」に繋がる。

もちろん、その逆にも作用する場合もあるんだけど、ぼくらは絶対に使い道は間違えない。

いつだって、そこに真実はある。
座ることは、本当のことです。
スポンサーサイト


未分類 | 00:05:43 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
ギャッジアップ60度に挑戦中
本人はかなりしんどいようですが…。
それでも眼を開けたり、口を開けたり…と私的には反応が良いように感じています。
とりあえずコツコツやってみたいと思います。

関係者への理解を得るのは、大変な場合もありますね…。
でもやらなければ何も始まりませんし、変わりませんから。
私も頑張ろうと思います。
2013-12-07 土 06:59:58 | URL | 沙羅 [編集]
沙羅さんがんばって
家族や友人に助けを求められないのですね。私も、兄弟は遠方なので、ヘルパーさんの助けを借りて実家の両親を見てます。母はパーキンソンになって12年、なんとか現状維持をめざしてますが、沙羅さんはご主人の回復を目指したいですよね。
私は周りに「無理しないでね」と言われると、「じゃあ誰か代わってくれる?」と思ってしまうから、あえて沙羅さんにかける言葉は「頑張ってるね。そして可能ならもう少し頑張って」です
大変でも、今やれることをできるだけやった方が、何か効果が出るかも。同じ市内なら週1回とかならお手伝いに行けるけど、そんなわけないですよね
ベッドを60°に起こした時に、腰のあたりにバスタオルなどをおしこんで、背中や頭が、ベッドから数センチでも離せるといいですね
2013-12-07 土 20:34:23 | URL | くるりん [編集]
沙羅さん、くるりんさんへ
沙羅さん、くるりんさん、
ほんとにがんばってらしゃいますね!
頭が下がります。
一つ提案なのですが、カッコちゃんのメルマガを通して、例えば、週一では、無理でも、月一でも、何かお手伝い出来る人が、いらっしゃるか、、、。
呼びかけていただくというのは、どうでしょうか?
住所を、例えば、何市とか、情報問題もあるので、公開するのは、いろいろ難しいとは、思いますが、かっこちゃんに、相談して、なにか、いい知恵が、あったら、な〜と思います。あと、お近くに、生協があったなら、ヘルパーさんが、時給確か、300円位で、1回につき、3時間以内とかで、頼める制度があったと思いました。
どうか、風邪を引きませんように☺
2013-12-08 日 05:01:29 | URL | ルーちゃんママ [編集]
ヘルパーさん
私も、全国にいる白雪姫部隊のみなさんで、沙羅さんの住む市に住んでる方が見えないかなとは思いました。
ヘルパーさんは、入院中は、介護認定が使えないから、1割負担の300円では無理だと思います。私も、今度母を外泊で連れて帰るのに、入浴のためにヘルパーさんの援助をお願いするのですが、実費だから、1時間2千何百円か、かかります
とりあえず、病院に、座らせたい意思を伝え続けて、一緒に方法を考えてもらうのが、いろいろ先につながると思います
2013-12-08 日 07:05:17 | URL | くるりん [編集]
くるりんさん、ルーちゃんママさん
私の為にいろいろな事を考えて下さり、ありがとうございます。
旦那さんは年齢と発症した病気の関係で介護保険が使えません。

白雪隊の方々のご支援が頂ければ心強い所ですが…。
姑さんが少々厄介で…。
新たな試みをしようとすると反対したり、主人の回復をあまり望まず、早くあの世へ行ってちょうだいと言ってみたり、私に離婚をすすめたり…と私のやる気を削ぐような事を平気で言う方なのです。
私も気をつかいながらの看病なので、精神的に辛いときがあります。

私的には、同じように頑張っているたくさんの方々とつながりを持ちながら頑張りたいのですが…。
ちなみに私は福岡に住んでいます。

いろいろな事を少しずつ、姑さんが邪魔をしない範囲で頑張っていこうと思います。
2013-12-09 月 00:13:45 | URL | 沙羅 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。