■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おおきなノッポの古時計
今日は低体温というほどではないようだ。顔がスッキリしている。低体温か熱があるときは、ぼーっとしている感じがする。なんか元気がないなと思うと、だいたいどちらかであることが多い。今日はスッキリさんだ。「ハイ!どう?端座位やる?」といきなり顔をのぞきこんだら、<うー>と唇をつきだしてYesの意思表示!とても自然に返事が返ってきた。

この<うー>は大変なはずなのに、レスポンスが早い。意識的にやるときは、無理矢理がんばって、がんばってこのフォームをとるのだけど、今日は、質問したらすぐに<うー>した。のっけから嬉しい、楽しい気分にさせてくれる。すぐに端座位をとり今日も20分。身体を冷やしたくないから、背中をさすりながら、昔で言えばタオルやらヘチマで摩擦熱で身体を温めていたアレをやりながら、20分過ごした。本当に楽しい端座位ライフだ。

処置が終わってから、今日はエキシビジョンを見ている。今日はここで演奏していた塩入さんたちと忘年会だ。妻にも、このスケートで演奏しているんだよ!君の曲をつくったり、歌ったりしている人たちは豪華メンバーだね(笑)と端座位をしているときに話したら、僕の目を上目づかいにアイ・コンタクトして返事をした。すごいな、この目の動きも出来るようになったのは、端座位をはじめてからのことだ。この半年で、妻の中ではどれだけの項目が<出来ない>から<出来る>にスイッチが切り替わったことだろう? 外で見ている僕にも、かなり多くの項目を上げることができる。目の動き、口の動き、ゴクンと嚥下、首の動き、詩を書き始めたこと・・・上げればもっともっとある。妻のように、内側から確認できる項目は、それ以上だろう。

忘年会をやっても今年のことは忘れられない一年だ。どちらかと言えば、劇的な変化をもたらした2013年だ。さすがにWeb Schoolでは物覚えの悪い劣等生の僕でも、生涯わすれられない、ずっと覚えている一年になるだろう。

とにかく白雪姫プロジェクトとの出会いがすべてのスタートだった。そう、端座位だ!これからすべてが始まったと思う。このことを知るきっかけは、かっこちゃんの講演会だった。その講演会にずっと前から誘ってくれたのは、下成さん。彼女とはなんとこの時に20年ぶりにあった。不思議なものだ。タイミングがぜんぶそろっている。倒れてから3年がたったときに、妻の身体の中や心の準備もできて、そのタイミングで僕は会社をやめて、色々な方々と出会っていった。そして端座位の毎日をつづけるとともに、妻の回復が目覚ましく進んでいった。なんか不思議な一年だった。アリスワンダーランドのようだ。ティム・バートンの描く世界の中に入ってこれたなら、こんなに素敵なことはない。

夏の宮ぷーたちのドライブに刺激されながらも、まだまだ僕らには関係ないや、他人ごとだなと思っていたのに、いつのまにか気持ちは動いていって、気がつけば11月には“お出かけ白雪姫”を実行していた。実行したら、顔の麻痺のゆがみがなくなっちゃった。

“ぐるん” と、何かが動きはじめた。錆び付いて3年間ピクリともしなかった時計の針が、魔法のように動きはじめたのが2013年という年だ。こんな一年を忘れられるはずがない。
でも、今日は忘年会に行ってきまーす!
スポンサーサイト


未分類 | 17:06:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。