■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初詣


パンパン
明けましておめでとうございます。
今年も一年健康ですごせますように。

4年ぶりに妻と初詣が出来た。
『病院のロビーに神社があったっていいじゃないか!』
これは岡本太郎ばりのいいアイデアだ。

こういう発想ができること。そして、それを実行できることが、この病院の素晴らしさの一端を感じさせてくれる。おかげさまで、4年ぶりに妻と初詣ができました。

4年ぶりだから、4年分お祈りしようとしても、それはちがう。
欲張ってはいけない。しかし、凡夫はすぐ言葉を追加してゆく。
「孫がすくすく育ちますように。清美がもっともっとどこまでも、回復しますように。そして僕がもう少し痩せますように。それと、、、・・・・」

初詣が終わり、外で日向ぼっこ少しだけしてからデイルームに移って、お優さんの本の朗読。久しぶりだったので、続きといってもピンとこないかもしれないので、最初から読みなおすことにした。妻は良平くんの気丈さに感心しながら、しっかりと朗読に聴き入っていた。

いかんいかん、お願いごとを追加している場合ではない。
お優さんも書いているけど、生きているということ。命を抱きしめるように、生きてさえいればいいのだと思う。あれやこれやと欲張る必要はないのだ。原点はここであると思い直して、背筋をのばして、今年をしっかりスタートしよう。

スポンサーサイト


未分類 | 15:38:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。