■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
会話のカタチ
今日も、ちょいと端座位コースだった。とにかく脳幹出血の場合は、体温調整が難しい。おでこをさわってみると、低体温というほどではないけど「車椅子のる?」と訊いてみると、<行かな〜い>と首をかすかに横に振った。「じゃぁ端座位やってからテレビだね!」<うー>・・・と、スムーズな会話が出来た。

すごいな、英会話も、だいたい話しがつづかないのは、ワンフレーズで終わってしまうから、広がりがないのだとよく聞く。そう、週末どうしていましたか?べつに、何もしてない。・・・しーん。以上、、、みたいなのが、日本人の会話のヘタなところらしい。やっぱり、この場合は「いつもは出かけるのが好きなんだけど、久しぶりに家でゆっくりとしていました。あなたは、どうしていましたか?」・・・と振り返すべきだ。そうすると、また話しはつづくのだ。

そんなしゃべれない英会話のような、僕たちの付き合いも、来月には丸4年がたち、5年目のスタートとなる。しゃべれなくても4年が立つと、カタコトながら妻の方言のような動きも少しだけ、わかるようになるものなのだ。

またもや、2ブロック目から考えてもいなかった方向へと列車は動き出した。レールが脱線したのか、切り替えポイントで無事に衝突を免れて走行しているのか?それは僕にだってわからない。まことに不思議であるが、もうこれは気にしないことにする。気にすると筆はすぐに止まってしまうからだ。どこにいくのやら、このキーボードを叩く指先にまかせておこう。

それにしても、まさしくこの流れは「会話」というのにふさわしい流れだった。
「車椅子のる?」
「いいえ、今日はそんな気分じゃないの。今は大丈夫だけど、無理したくないの。低体温になるのが恐いのよ。」
「そーか、それもそうだな。じゃぁ、端座位を軽くやってから、テレビでも見るかい?」
「うん、そうする。何か面白いのやっているの?」
「さーな。僕もテレビはずっと見ていないからね。でも正月はバラエティだらけだから、まぁ、何かしらやっているさ。きっと気に入るのだってあると思うよ。」
「うん。そうする。」
「OK、それじゃぁ、まずは端座位からだ。今日はスタバのラテにしたから、座ってから少し飲んでみようか。」・・・・・僕の中では、こんな感じだ。よくシドニーシェルダンの本なんかで、以前、“超訳”っていうのがあったけど、あれに近いだろう。言語がちがうと、その直訳だけではイメージが伝わらないから、その意味や流れ、気持ち、精神を加味して、訳をしているために、面白さがそのままストレートにその国の言葉でも感じ取れるというのが“超訳“なのだろうけど、あれだ。

今は端座位を終えて、TXの「世界で働くお父さん」を見ている。このチャンネルを決めるときだって、最初はNHKの落語からスタートしたのだけど、妻の視界にはいり、目を見てみると、僕の目をみて<ちがうよ>・・・と、目で合図がくるのだ。「あっそう?、だよね。落語もたまにはいいかなと思ったけど、だよね。。。じゃぁ、このくだらないバラエティーはどう?こういうの大好きでしょ?っくっだらないやつ。」<ぷん。。。何それ、そんな言い方は大嫌いです。>「あぁ、失礼、本当は知っているよ。こういうのが好きなんでしょ?」・・・という具合に、スムーズにチャンネルも決まった。

昨日と違って、目がしっかり開いている。体調管理も上手になってきているのかもしれない。今はいいけど、夕方から冷え込みが強くなると予想して、車椅子は身体を冷やしてしまうから、予防線をはって、軽く端座位で、それからお布団にくるまってテレビである。なかなか、いい計画だ!

しかし、この場合は“超訳”なのか“作り話“なのかは、微妙な判定である。政治家が、記憶にございませんと言っているのに近い。こんなふうに、今年は会話が増えていくといいな。できれば、僕の作り話ではなくてね。
スポンサーサイト


未分類 | 15:53:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。