■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
強がりか?言い訳か?
処置はなかなか上手にならない。やはり、腰がすぐつらくなってしまう。かっこちゃんが見ると、あー、それじゃぁダメに決まっていると笑われるだろう。でも、自分ではよくわからない。時間もなるべく早くやらないといけないと焦ってしまう。プロのみんなは、すぐに次の部屋へといく。僕がお借りしている道具だけ、妻のベッドに置き去りになる。見かねて看護師さんが手伝ってくれたので、なんとか順調にすますことができた。まだまだ独り立ちできない。

もっと、かっこちょく手際よく、サッサッサッってやりたいのだけど、筆談もオムツも下手くそで、どうもいいところがない。ここはかっこよく手際よくやらないと、妻に、申し訳ないねーとおもわせてしまうかもしれない。いつかかっこよくやって「どうだ、大したものだろう」と自慢したい。

オムツのあと端座位をほんの15分とった。とるたびに、ちょっとしたことに気がつく。
やはり、首の力はどんどんついてきている。力というより、神経の伝達方法が上手になっているのかもしれない。そこらへんは、僕にはわからないけど、色々なところが強くなってきている。左手はグイグイ腕の力もふくめてやってみせる。これはもう確実にスイッチが押せるレベルだ。あとは、回数をコントロールしたり、継続性の問題だから、目標は年内のレッツチャットだ。

そう簡単なことではないけど、目標を決めることで、次にやるべきプログラムが決まってくるので、まずは決めてみようと思っている。昨年の初夏に借りたスイッチセットを、どのタイミングで借りるか?あれは一年早かった。今年の夏に、もう一度借りて、そこからスタートでいいかなと思っている。夏は暑くて、外に出れない日々だから、院内での特訓もいい。レッツチャット養成スイッチの特訓は夏からにしよう。

ビデオを久しぶりに1時間半みて、まだ他にもあるけど見る?と聞いてみると、今日はいらないという返事だった。今はスヤスヤ眠りについた。

そういえば、今日の着替えのときに思ったけど、この着替えコースにしていたのはよかった。寝衣だけのコースと、昼間、リハビリするためのジャージ的なものを来て、夜は寝衣にするという二つのコースがあるけど、僕は最初から後者のおきがえコースにしていた。それは、着替えることが運動になると思っていたからだ。自分でやってみて、これが以外にハードな運動であることがわかった。正解だったなと実感する。その上、僕が自分でオムツ&着替えを担当することにより、妻もよりハードな運動が強いられる。ヘタな相手も、それはそれで、いいかもな。かっこよくサッサッとやるのは、もう少し先延ばしして、運動に重点を置く事にしよう。・・・なんちゃって(笑)
スポンサーサイト


未分類 | 19:51:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。