■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SMAP恐るべし
今日も、僕の顔を見るなり「い」「く」と唇を横にしてから、突き出した。最近気になるのは、その動きが小さくなってきている事だ。なんか、ラクしているのか?あるいは、うまく出来ないのか?よくわからない。車椅子に乗ると、妻は目的を果たしたのでもう口を動かしてくれない。どうも、これは効率的というか、なんというか・・・。

とにかく、車椅子でいつもの公園へ行って特訓だ。今日は特訓の前に、溝呂木梨穂さんの詩集「私の私らしさを見つけたよ」の朗読をした。この詩集は素晴らしい。言葉に出来ない気持ちを、文章全体を使って感じさせるという詩となっていて、素晴らしいのだ。これはきっと妻にも響くだろうと朗読した。これから、毎日少しづつ朗読していこうと思う。

朗読が終わったらいつもの「特訓」だ。気がつけばもう3週間やっている。背もたれから背中を離し、首をある角度にして、手を離す。かなり安定して、首を支えられるようになってきた。それはいいのだが、昨日も今日も特訓しているのに、目は閉じっぱなしである。意識を集中するために、目を閉じているのかな?それとも気合いが足りないのかな?

今日は言語リハビリのスケジュールが変更になっていたので、1時間弱でベッドに戻り、リハビリに突入した。口の中をマッサージしたあと、顔の筋肉のストレッチをしているのに、また目を閉じて眠ってしまう。「こらこら。意識をこっちにもってきて!意識しなくてはリハビリの意味がないぞ!」と声をかけると、うっすら目を上げるが、トローンとしている。こりゃぁ、気合いが入っとらんな。けしからん。しかし、いきなり怒ってもだめだ。ちゃんと気合いが足りないかどうかを見極めないといけない。

昨日、オンエアーしていたSMAPの特番を録画して、DVDにして持って来ていたので、言語リハビリのあとに、「清美、面白いの持って来たぞ!見るかい?」と声をかけながら、ポータブルDVDを用意する。イアホンをしながら、「さー、なーんだ。」と声をかけながら、スタートする。番組がはじまった!その途端、妻の目はパッチリと開いて見入っている。

1時間しっかり見ていたが、処置の時間となり今日はおしまい。
「はい、残りはまた明日みよーね。」まだ残り1時間半ある。
DVDを消したら、もう目を閉じてる。

「今度はリハビリしっかりやろうね!積極性が大切なんだよ。明日、特訓がんばろうね!それから、SMAPの続きみようね。」

餌を目の前に吊るしてみた(笑)
なんだよ。やっぱり、気合いが足りないんじゃん。
ってか、毎日きてる旦那より、やっぱキムタクなんだな。
スポンサーサイト


未分類 | 19:10:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。