■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
にんじん大作戦
毎日スタートは順調だ。ちょっと、動きが小さくなったように思うけど、しっかり 「い」 と口を横にして次に 「く」 と口を突き出す。はい、もう一度! 「い」「く」。

「はい良く出来ました。今日は、車椅子にのる前に、話し合いたいことがある。昨日思ったんだけど、もっと真剣にリハビリに取り組んでもらいたいんだ。もちろん、一生懸命やっていたことは知っているよ。でも、昨日のアプローチはダメだ。なかなか思うように行かないから、もうやりたくない、って思っているのかもしれない。それもわかる。でもね、僕たちのルールを覚えているだろう? これは僕も、息子たちも、そして清美もあきらめないって事なんだぜ。」・・・と、一発かましてやった。

昨日の帰りに色々と考えて、今日も病院へ来るまでの車の中で、作戦を考えたのだが、まずはちゃんと目をみて真剣に会話することだと思った。

車椅子に乗って、いつもの公園へ行き、いつもの木陰で特訓をする。しかし、やっぱり目を閉じている。ふーむ。そう来たか。これは、反抗の印だな。ここは、ひとつ外してから次に行ったほうがいい。「そよ風が気持ちいいね、ハワイみたいだ。目をとじていたい気持ちもよくわかる。今日はしばらく、ホ・オポノポノの朗読をしてから、特訓しよう。そうして、特訓が終わったら、昨日のSMAPの続きを見ようね。あれ、まだ一時間半も残ってるんだよ。」・・・と、やさしいふりをしてホ・オポノポノの本を読み始めた。たまたま、読んでいたパートが、出会った人などの相手を思い浮かべたクリーニングだけではなく、自分の中にわき上がって来た気持ちも、ちゃんとクリーニングしましょう。・・・みたいなコーナーだった。これはちょうど、内容がいいな、、と思いながら、朗読する。たまに、妻をチラッと見ながら朗読をつづける。よしっ、しっかりと目をあけて話を聞いている。なんか、今日はいい感じだ!「よし、今日の朗読はここまでにしよう。これから、口の中のマッサージと、顔のマッサージをしてから、いつもの10分ワンセットの首の確保を2セットだ。いいね!それからSMAPだぜ!」

今日は、10分2セット、背中を立たせて座らせて、いつものちょっと上向きの角度に首を準備させて、僕はそっと手を離す。まったく僕の手の支えを必要とせずに、10分間、首をキープしている。その間、僕はしゃべりっぱなしだ。ここのところ、3年間の振返りをやったので、過去の話題は豊富である。あの時、こうだったんだよ。この時はこんな感じだった。でも今、君は自分で座って、僕は手を離しても自分の首をキープしている。すごいことだぜ。あーだ、こーだ、なんやら、かんやら。。。と、しゃべりっぱなしだ。僕はいつから、こんなにおしゃべりな奴になったんだろう?相手が少しでも、頷いたり、相づちをうったり、間に言葉を挟んでくれたらどれだけ助かるだろうと思うのだけど。

こうやって、10分2セットの特訓は終了し、ベッドにもどり、約束のSMAPの続きを見ている。そうして、僕はまた、妻の横顔も見学するだけの1時間が始まった。これが、一番つまらない。今日は、うまく行けば、この時間がやってくることが分かっていたので、MacBookを持って来ておいた。だから、彼女はSMAP、僕は日記である。

さぁ、次の“にんじん”は何にしようか? 先日のフィギュアスケートのエキシビションと決めていたのに、今朝、ハードディスクレコーダーを確認したら、消えていた。がーーーん。もうフィギュアスケートは年末までないよ。。。。母がもう見終わったと思って消していたらしい・・・(涙)、片付けもなにも、済んだらもとにもどす。ちらかっていると怒られる。しかし、ハードディスクの要領はまだ20時間くらいあったのに、そんなに消去しなくてもいいのに。。。しかし、もう消えてしまったのだ。

・・・っと、ここまで書いたら、オムツ交換の時間となった。さ、片付けよう。妻に、急に終了するのは気分が悪いだろうが、これは、集団生活をしているためのけじめだと思って、気持ちを切り替えるように伝えた。これを、僕が気にしていると、前後の時間をたっぷりとらないと、映像を見せる事が出来なくなる。SMAPのために、処置の時間をずらしてもらうわけにはいかない。

これで、明日の“にんじん”もSMAPの続きで大丈夫だ。その次のことは、また追い追い考えよう。SMAPが思いのほか好きらしいことがわかった。彼らはたくさんテレビに出ているから、他にいいアイデアがないときにはまた彼らに “にんじん” 依頼することにしよう。
スポンサーサイト


未分類 | 16:14:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。