■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
信頼
ここのところ、車椅子に乗りたいという意思表示はしっかりやるけど、乗ってしまったらもうこっちのものとでもいうように、目を閉じてしまう。眩しいのかな?話しかけても全然無視。「ねぇねぇ聞いてよ、今日は先生とリハビリスタッフの皆さんと、とても良い話し合いが出来たんだよ!すごいでしょ?」「・・・・」「ほら、目をあけ〜る!やる気だ〜す!」「・・・・」シーン。。。。

・・・・さみしい。

「何でだろー♪オ、何でだろー♪、何でだ何でだろー♪」頭の中で、あの二人組が歌い出す。
自分なりに自分を盛り上げながら慰めているのだるけど、それでも、やっぱりさみしい。。。

しかし、今日はよい日です。妻が聞いてくれていないようなので、ここで発表します。
明日からはベッドでの端座位や、妻が大好きだったコーヒーなどを数滴味わってもらう、など許可を得る事ができました!(ワー、ワー、ワー、←歓声/パチパチパチ←もちろん拍手)
これはとてもとても、素晴らしく大変なことだと思います。

僕はかっこちゃんという師匠と出会ってしまった。この出会いはそのまま妻が入院している病院にとっても問題の始まりだった。その上、きかん坊体質まで似ているのだからたちが悪い(笑)たちの悪い相手と話し合う病院だって大変なのだ。現在の日本におけるリスク管理のあり方は、ある意味異常だとおもうけど、病院は命に直結する大変な仕事であるから、クレーマー的訴訟による時間の浪費までを考えると、慎重になるのは当たり前だろう。人間が人間を信頼せずに、すべてに対して防御しようとすれば、鍵は1つより、2つ、それより3つ、、、とハードルが増えていく。しかしお互いを信頼するという、人間としての本質的な約束を前提にすると、鍵は必要だけど、合鍵を渡しておくことで、より安全な対策だって作る事ができる。これは、日本人の一番の強みなのかもしれません。

担当医である院長先生、看護師長、理学療法リハビリの担当、作業療法リハビリの担当、言語聴覚療法リハビリの担当、ソーシャルワーカーのみなさんが揃っていただいた上でのカンファレンス。みなさんがいる中で、院長先生が、端座位、コーヒーなどによる味覚の刺激、など許可をしていただいた。決してゴリ押ししたわけではありません。いくらたちの悪い輩と言っても、かっこちゃんの弟子ですので、師匠の印象を悪くする立ち振る舞いは慎まないとなりませぬ(笑)ちゃんとお互いの理解の上で成立したことです。

僕が病院のスタッフだったら「では、何か悪い事態があった時はどうするのだ?」ということが、一番気になるポイントだ。それについて、まずはバックアップ体制として、「常に病院サイドが把握できる状態の中で、端座位、や、コーヒーの事などを報告しながら進める」という約束をしました。ちゃんと病院が把握できる状態を作る事。素晴らしいと思った。これは、院内で起きることはすべてしっかり病院として責任をとるという姿勢です。「やってもいいけど、やるって言ってね。」ということです。そしてもう一つは100%安全というわけではないことを、家族である僕自身も理解した上でやるということの確認でした。病院としてはその家族の理解の上での許可であるということです。誰にでも許可をだしていると危険な場合も当然あるので、介護する側の家族が危険性も理解しているか?また仮に端座位をとる場合に介護者が患者のサポート動作をしっかりできるか?介護者の年齢、体力的に問題はないか?など、総合的に判断をしていただいた結果でした。そして、「もしもの時の責任は、お互いでしっかりとりましょう」、、という素晴らしい判断をいただけました。

これだけ素晴らしいお医者さん、病院、スタッフ、に恵まれることは、そうないことだと思います。奥沢病院から、この病院と、僕たちはつくづく幸せ者だと感じます。

今日の夕方、この文章をアップしようと↑ここまで書いていたときに、人呼んで<体当たりのお優>、お優さんご夫婦がいらっしゃり、てっきりアップし忘れていました。

僕ら幸せものは、この後さらに凄い展開へと突入していきます。ちょっと今でも気持ちが高ぶっております。妻にとっての奇跡の人との出会いです。どのように、テキスト化できるかわかりませんが、思い起こしながら、これから書いてみます。明日にはアップします。 to be continued
スポンサーサイト


未分類 | 22:31:58 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
すごいすごい
パチパチ~!!すごいすごい!スタッフの皆様の協力体制がうれしい~。話し合ってくれることがどんなにうれしいことか。すばらしいですね~。コーヒー、絶対喜ばれます!私もコーヒー大好きです。これなしではいられません。わくわく またコメントさせていただきます
2013-05-01 水 23:45:13 | URL | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-01 水 23:47:50 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-02 木 15:07:30 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。