■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青空とへんな実験
最近、アイスコーヒーはセブンイレブンで買うようになった。この前、マクドナルドが込んでいて、あーあ、今日もジュースだなって思いながら、セブンにはいったら、挽きたてアイス珈琲が目に入った。SEVEN CAFEとか言っちゃって、美味しいのかな?とレギュラー100円を買ってみたら、びっくり美味しかった。なんというか、わかりやすい香りと、ちょいと酸味があって、これは妻の好きな味じゃないかな。今日は、ミルク入れる?シロップ入れる?と問いかけると、うまく最初は合図はできなかったけど、まばたきしてみて、と言うと、ちゃんとパチリと意思表示をした。では今日は、両方いれるのね?<パチリ>OK了解!そうしましょう。

スプーンに2〜3滴程度をすくい上げ、一度、このくらいだよと、妻に見せて確認。それから、口へもっていく。前歯の左側が2本、歯を切断されているので、これが都合がいい。ここに、スプーンの先を入れると、舌がそれを探り当てる。そして、自分から吸い込む。それで、とてもよく口を動かして味わっている。「美味しい?」ときくと、うんというような表情。これは、どうして「うん」と思っているのか?と問われてもわからない。しかし、きっとそうだと思う。

こんな、きっとそうだと思うようなこと。これは、何なのだろう?中には、確信に近くそう感じるときだってある。なんか、感情がリンクしてしまうときってないですか?何か、感情というのか?、気持ちが、同一場におかれて、顔をみていないのに、すぐにあいての呼吸が伝わってくるような瞬間ってあるますね。そう言えば、レコーディングなんかでも、よく感じていた。ミュージシャンの呼吸や、精神状態が流れ込んでくることがある。すごい微妙なことなのに、それがストレートに僕の中に入ってくるといった感覚だ。あぁ、そう言えば、それとよく似ている。その時は、ただわかってしまう、感じてしまうだけなんだけど、今考えると、これは何故なんでしょうね?

僕は「きんこんの会」が衝撃的すぎて、あれからずっとそんなことを考えている。今日も、エアー筆談をやるけど、最初ほどの反応はなかった。こいつ飽きっぽいのかな?贅沢な女だ。とか思いながら、やりつづけていたら、腰が痛くなったからやめて、本の朗読をひさしぶりにしようと思った。

妻はもう、目を閉じてしまっている。まぁいいさ。いつものことさ。そう思いながら、今日はへんな実験を思いついた。声をださないで、妻の手をとりながら、心の中で朗読してみた。こんなバカなことを実験する人はいないだろうね(笑)そう思いながらやってみたら、びっくり。目をすっとあけて、しっかり僕の朗読の間、目をパッチリとあけていた。偶然だろうけど、珍しい現象だな。目をまったりと閉じたら、あのツマラナイ攻撃はそう簡単に終わらないのだけど、今日は、スッと目をあけてパッチリ空をながめていた。今日の空は、夏の空だった。雲も夏の雲だったな。こんなへんてこりんな実験も、夏の空を眺めるのに役にたったなら、それでいいよね。
スポンサーサイト


未分類 | 22:56:22 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
感情がリンクしてくるはないですか?
乙武さんの著書に、おトイレのサポートをお願いする時に、目の前に、三人いたら、瞬時に、どのひとにお願いすればいいか、解ると。
この場合は、顔の表情を見てるのですが、この感覚と、にてませんか?
ともかく、奥様とのコミニュケーションが、日に日に、深くなってきて、とても嬉しいですね!
お優さんの、つまらないだけでは、ないはずと、解ったのは、どうして、解ったのでしょうか?
ずっと考えてますが、できましたら、お優さんに、教えていただきたいです!
西嶋さんも、そうしたら、もっと、もっと、それこそ、秒速で、シュッ、シュッと、ジェット機みたいな速さに、近いうちに、なる様に思います。
3年待たずとも!
2013-06-28 金 05:35:28 | URL | 山田英子 [編集]
感情の同調です
私は、良平と向き合うときに呼吸を合わせるようにして、静かに良平の顔を見ていると、頭のなかにたくさんの良平の言葉が浮かんできていました。それから、寄り添って体を密着させている時も同じような現象がありました。私はずっと、これは母親の勘のようなものだと思っていましたし、自分の予測とか憶測とか、子育ての中での経験値の統計学のようなものと思っていました。ところがこれは最近知ったのですが、れっきとした「脳波の同調」という作業だったようなのです。相手の脳波と自分の脳波が同調して相手の思いが自分の中に流れ込んでくるのだと。
なるほど納得です。良平は私の出す結論にいつも満足してくれていましたから。「つまらないだけではない」と思ったのは、あの柴田先生との「会話」の時に、清美さんが「しまった、ちゃんと伝えられてなかった!それだけじゃないのよ~~」って焦ってらしたように感じたからです。ドンドン会話が進んでしまったので、後戻りができずに困っていらしたような・・・
これも清美さんと呼吸を合わせていた時に感じたことでした。
人間って不思議ですね~~~
2013-06-28 金 20:03:22 | URL | 優 [編集]
Re: 感情の同調です
すごいです。すごいな。あの時、ぼくは「えーっ!」って本気でがっかりしました(笑)おまえ、そんなぁ。そりゃないだろう?と感情的になって、あ、いけね。冷静に受け入れないと・・・でも、がっかり・・・みたいな(笑)それで、そーか。つまらないのか。あー、つまらない、つまらない。うー(涙)という感じでした。
2013-06-28 金 20:56:22 | URL | T.Nishijima [編集]
だから
西嶋さんも、この頃は清美さんと感情の同調が出来るようになってきてるのじゃないかしら?やっぱり、一番清美さんのことをわかっておられるのだし♪
2013-06-28 金 22:11:17 | URL | 優 [編集]
Re: だから
そうかもしれません。ちなみに今日は「ばーか」って言っていました。
2013-06-28 金 22:13:43 | URL | T.Nishijima [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。