■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ベッドサイドからの景色(6)
<ベッドサイド 〜音楽と気〜>
2010年4月18日、因幡晃さんのレコーディングがはじまりました。当時の僕の仕事は、アイドルタレントのコンサートグッズの制作などをするセクションの責任者でした。なので、普通であれば僕がかかわることは出来ないプログラムのはずでした。しかし、因幡さんのデビュー35周年という記念アルバムの制作ということで、ディレクターとしての参加依頼をいただき、当時の仕事と調整をしながらレコーディングに参加させていただくことになりました。この時期、僕の身体は悲鳴をあげていた頃でしたので、因幡さんに関わらせていただくことによって、音楽に集中できる時間を作れたことは、僕の救いになりました。いつも、数秒ごとに考えがクルクル変わる精神状態でしたが、因幡さんの音楽に触れている時間は、ブレることがなく、妻のことを忘れて集中することも出来ました。

企画も立てさせてもらったのですが、このアルバムのレコーディングは、思い切った録音方法を採用することにしました。やり直しが出来ない環境をつくり、すべて一発録音をするという方法です。ただ、それだけのことですが、テクノロジーの進化により、マルチレコーディングが確立してからは、わざわざこのリスキーな録音方法をとる人は誰もいなくなってしまいました。やり直しをすることが当たり前の録音に違和感を感じ始めたのはずいぶん前でしたが、僕自身も恐くて、なかなか実行する勇気がもてませんでした。いわゆる“本物の歌手”でしか成立しない方法ですが、因幡さんなら絶対できると思いました。きっと、このチャンスにやらなければ一生選択できない録音方法かもしれないと思っていました。

音楽は「時間」と「空間」を共有するためのものとして生まれたのだと思います。その共有空間に発生した空気の振動とエネルギーを録音媒体(現代ではハードディスクの場合が多いです)に取り込み、定着させるのが僕らスタッフの仕事だと考えていました。(もちろん、このことを理解している上で、それをぶち壊すというアプローチなど、様々あるのですが・・・)この録音方法は結果として、竹刀ではなく真剣でわたりあうセッションとなり、その場のピリッとした空気感、緊張感、までを録音することに成功しました。やはり、ここにも「気」が関わってきます。因幡さんと参加ミュージシャン全員の気合を録音、記録することができ、名盤を生み出す現場に参加できたことは、この頃の僕の精神状態をとても安定させてくれました。

妻に書いた「ベッドサイド」は、レコーディング初日に録音されました。耳だけは聴こえているであろうと思っていたので、まずは妻に聴かせたいという気持ちがあり、アルバムに収録する予定にはなっていませんでした。レコーディングの合間のどこかで、みなさんの協力をいただき、録音しようと思っていました。アルバムタイトル曲「まん丸の蒼い月」因幡さんの代表曲「わかって下さい」と順調にレコーディングが進み、3曲目に「ベッドサイド」をやってみようということになりました。なかなかタフなレコーディングでしたので、この緊張感の中で一日3曲レコーディングすることは、大変なことでした。この曲は、子守唄のようなやさしさをイメージしていたので、エレキピアノ(フェンダーローズ)で録音してみたいと思っていました。シンセでは出ない、アナログのやさしさとエレピの音のゆらぎは、とても心地よい世界を生み出せると考えました。音のバランスを確認するために、1コーラスリハーサルをしてもらい、とてもいいムードでしたので、この流れですぐレコーディングを開始しました。ところがなんと演奏途中でローズのご機嫌が悪くなり、ノイズを発するようになってしましました。エレピが壊れてしまったのです。エレピを弾いていた佐藤準さんも、因幡さんも、3曲目ということもあり、かなり疲れていました。これはガックリと、その場の空気がピタッと止まってしまいました。僕はここで時間をかけてしまっては気持ちが伝わらなくなると思い、「これは神様がピアノでやりなさいと言っているのでしょう。準さんピアノでやってみてもらっていいですか?」と言って、1回だけトライしてもらうことにしました。これで、いい空気が流れなかったら、この録音はもう出来ないだろうなと思っていました。準さんも「エレピをイメージして作ってきたフレーズだから、どうかなぁ?」 という疑問をもちながらも、「まぁ、やってみましょう!」と快くムードを立て直してくれました。因幡さんもそれに呼応したように、「さぁ、歌おう!」ということになりました。普通なら「今日はここでやめましょう」というところだったと思います。しかし、みな妻を知っていることもあり、きっと妻のためになんとかしたい、聴かせてたい、、という気持ちがあったのだろうと思います。この最後のワンテイクがすばらしいテイクとなりました。そんな経緯で、このアルバムに「ベッドサイド」が収録されることになりました。
スポンサーサイト


未分類 | 13:30:04 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
西嶋さん、早速、私のブログ「バークレーお多福』で西嶋さんのブログをご紹介させていただきました。私も同じFCブログです。またブログに訪問させいただきます。応援しています。ありがとうございました。
2013-04-03 水 14:42:54 | URL | お多福(ゆかり) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。