■プロフィール

T.Nishijima

Author:T.Nishijima
2010年2月に妻が脳幹出血で倒れる。2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始めるため、その回復への道のりを記録しようと日記をはじめました。また、このプロジェクトの存在を知ってもらいたいと思っています。
http://www.shirayukihime-project.net/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
花束 〜「思い」は自動、「考え」は手動〜


やっぱり「思い」という力はすごいものがある。昨日病院を出る直前に、友達がお祝いに訪れてくれた。前回きたのは寒かったと言っていたから、半年ぶりくらいだろう。この僕の友人家族とは、家族ぐるみで毎年旅行をした。子供も同じ年だった。妻とその奥さんもとても仲がよかった。そんな友達がお花をもって来てくれた。

ウトウトしはじめていた妻の目が、びっくりするように見開かれて、首を動かし、口を動かした。感謝の「思い」をどうにかして伝えたいと「思った」のだ。それが、この動きに直結した。僕は左手をにぎっていたのだけど、凄い力で手首を返すような動きをしながら、内側へと腕全体を使って僕の手を引っ張った。この感動と「思い」は、表現したい心と直結して、それが左腕の「動き」に繋がったのでしょう。

凄い事だ。微動だにしなかった頃が1年はつづいた。あれから、こんな事が起こるところまで、いつのまにたどり着いていたのだ。大したものだ。

「思い」と「考え」というのはちがう。
「思い」は、「思っちゃう」のだ。花束をみて、勝手に心がそう感じて「思っちゃう」のである。「考え」は、もっと積極的に脳に働きかけないとなかなか「考え」てくれない。面倒くさいのである。脳はほっぱらかすと、すぐサボるのだ。やらないといけないから「考える」。だいたい、ギリギリになって、明日の準備を始めた時に、はじめて足りないものに気がつく。1週間前に「考え」ていれば、簡単に用意できたものを、今気がついたってもう間に合わない、でも大変な思いをしながらギリギリなんとかなる。いや、なんとかする。

そう考えてみると、「思い」は自動、「考え」は手動、みたいな感じだ。しかし、勝手なもので、自動的に「思って」その勢いで、自動的に「考え」たりすることもある。これは、心と脳の繋がり方の問題ではないかと「思った」り、「考え」たりする(笑)

なんで、こんなまどろっこしいことを書き始めたかと言えば、妻のそのびっくりするほどの「力」だ。あれは「思い」が起こすのだ。でも、理論的に「考え」て、意識して腕を動かそうとしても、そうはいかないのだ。人は脳がすべてだと思っているが、そうではない。やっぱり「心」がとても大切なのだ。あの力強い妻の腕の動きは、今は「心」のパワーで表現されている。しかし、きっともう少しだ。この「思い」と「考え」がうまく手をつないでくれた時、きっと妻の「手」や「口」や「まばたき」は、コントロールを手にいれるだろう。もう少し、、、それが今年か、来年か、10年先かわからないけど、それも、これも、もう少しである。
スポンサーサイト


未分類 | 09:36:54 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
ありがとう
今日は、ありがとう
とても大事なことを言い忘れました
誕生日おめでとう!
久しぶりに清美にあい、生きる強さの裏に穏やかな心の流れを感じました
最近穏やかな心の流れを感じられない私は、反省
たかさん、体大事に(体重落として、腹筋ね)(^^)
本当にすてきな夫婦だな
私は、二人が大好きだよ      
2013-08-17 土 20:23:12 | URL | まやこ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-17 土 21:27:20 | | [編集]
Re: いつも拝見させていただいています。
このことは、昨年だったか、車椅子にのせてワイドショーを見せていたときに、オセロの中島さんの話題を取り上げていて、あれはいつの話だったのか?僕が思い出せなくて、妻に、「オセロの中島の事件知っている?」って何気なく聞いたら、普通に首を横に振って(笑)もちろん、声は出ませんが「知らなーい」とでも言うようなやりとりが、自然に起こった・・・ということがあったのですが、この時にびっくりしたのです。それから、自然な流れでスッと出来ることと、考えて、意思でどうにかしよう・・・というのとは、なんか信号伝達のルートが違うのかな?というような感じがあります。他にも、嫌がらせをすると、首を振るとか(笑)そういう実験もしましたが、それは反射的に首を動かすわけです。笑顔はいいですね!妻は笑顔が作れませんが、あの仏頂面の中に、妻なりの笑顔があるそうです。だから僕もなるべくヘラヘラ笑っているようにしています。色々なアプローチで、必ず回復していくことは間違いありませんので、コツコツ刺激を与えていってください。お互いに、コツコツいきましょう。
2013-08-17 土 22:07:30 | URL | T.Nishijima [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-18 日 00:14:57 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。